見た目に自信がない……でも、彼氏がほしい女性が心がけたいこと 4つ

恋学 / 2014年12月9日 2時0分

見た目に自信がある人なんて、よほどの美形か、とんでもない勘違いをしているかのどっちかでしょう。他人の目にそう見えなくても、外見にコンプレックスを持つ人は少なくありません。

また「自分は決してモテるタイプだとは思わない」という自覚があるにせよ、「だから、彼氏がいなくてもいい」と考える女性はいないはず。今回は、見た目で勝負したい場合はどうすればいいのかを探ってみます。

1207

見た目のせいにしない

好きな人がいても恋が進展しないとか、街コンやカップリングパーティーで目立った収穫を得られない、という場合、全部見た目のせいにしていませんか?

「どうせ、かわいくないから」と決めつければ、それ以上に理由を追求しなくなるので、うまくいかない本当の原因を見極められなくなります。

見た目を言い訳にするのは簡単。でも、外見がとびきり美形じゃなくても男性受けが良い女性はいるのです。理由はそこだけじゃありません。

まずは、見た目以外で彼氏ができない原因を知り、外見以外で自分をアピールできる部分を探しましょう。意外な盲点が見つかるかもしれません。

面白キャラ、モテないキャラを自分から演じない

今は結婚して二児の母ですが、友人に骨格が逞しく痩せているわけでもない、大柄な女性がいます。彼女は20代の頃「私はカワイイキャラになれないから、面白さで勝負する」と言っていました。その通りにすすんで冗談や毒舌を言い、モテそうな女子の引き立て役を買って出ていたんです。

でも、そんな女芸人のようなことをすれば、男性から恋愛対象と見られる機会は限定されてしまいます。みずからモテを遠ざけるのは、恋を諦めるも同然。すべきではありません。

男性にマイナスイメージを与えるようなキャラ作りはやめましょう。

見た目を良くする努力は必要

とても単純な話ですが……見た目に自信がないなら、自信を持てるように努力しましょう、ということです。

ただ、理論上は簡単でも、実際にそううまくはいかないものです。ダイエットをしたらリバウンドしたとか、オシャレに挑戦して周囲から「似合わない」と言われたとか……。試行錯誤を繰り返し、辛い思いを乗り越えた先で、外見コンプレックスは克服されていくはずです。

だから、途中で心が折れないためにも、彼氏がほしい!恋がしたい!という思いは、絶対に手放さないでほしいのです。素敵な恋人と付き合って幸せになると固く決意すれば、諦めずに努力し続けられるでしょう。

自分の得意分野で彼氏を探す

たとえば……料理が得意なら料理合コンに行ったり、歌が上手ならカラオケサークルに参加したりして、自分の魅力をアピールしやすい場へ足を運ぶようにします。

そうすれば、見た目がどうであっても、それを気にせずに「すごいね」「上手だね」と認めてくれる男性が現れるはずです。

同じ趣味や好みを持つ同士であれば、第一印象の良し悪しの基準は見た目だけに限定しません。趣味コンや、普段はネット上でしか交流しない人たちが集まるオフ会などは、特にそうでしょう。

外見がカワイイだけでろくに話が合わない女子より、共通の話題で意気投合できる女子のほうが、ポイントが高いに決まってます。

自分が堂々と勝負できるステージに立つことで、外見をあまり気にしないで恋を模索できるのです。内面を重視してくれる彼氏がきっと見つかるでしょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング