二回目のデートに繫げる!アラサー女性の正しいデート作法!

恋学 / 2014年12月11日 11時0分

最近デートしてますか?
あるいは、一回デートしたけれど次のデートのお誘いが来ない!などと悩んでいたりしますか?
若いうちは何も考えずに、男性のペースにただ合わせればそれで良かったデートも、アラサー女性、つまり「若くなくなる」と、途端にデートでの対応ハードルが上がります。
若さだけでごまかせない分、気配りや、中身が重要になってくるわけです。

あなたはアラサー女性としてのデート作法をちゃんと守っていらっしゃいますでしょうか? 狙った彼をしっかりゲット出来るように、アラサー女性だからこそのデート作法きちんと守り、次のデートにこぎつけましょう!

1211

 

まずは気配り。食事の作法。基本的なところを守りましょう

若い女性とアラサー女性が圧倒的に違うのは、言わずもがな、まずは「若さ」です。

若ければ無知で良い事は多々あります。

例えば食事に行ったとして…。食べ物を取り分けてあげたり、男性の飲み物がなかったら新しい飲み物を勧めてあげたり、男性達は若い女性に対してそれを期待していません。無知な事にある種の可愛さがあるからです。

しかし、アラサー女性そうはいきません。

食べ物が来たらまずはスマートに取り分けましょう。飲み物にしても、男性のペースに合わせて飲みましょう。また、食べ物を食べた後は、取り皿の上に箸を置かずに、きちんと箸置きに戻しましょう。お手洗いに立つ時には化粧ポーチ(ミニサイズ)を持ちましょう。

こういった「大人の女性としての品格」を守る事がまずは第一条件です。それだけで男性は、「この人はしっかりとした大人の女性だ」と思ってくれるわけです。

自分とデートするメリットをはっきりと提示しましょう

〜若い頃はみんな「若い女と同席できる権利」というメリットを有していました。それが失われたとなったら、別の「私と食事をすることのメリット」を男性に提示しなくてはなりません。〜

(「2度目のデートがない、アラサー女子の悲痛な嘆き」Peachyより抜粋 http://news.livedoor.com/article/detail/6683264/)

 

この記事にあるように、若くない自分とデートをすることのメリットを男性側に提示する事は必要だと思います。

そのメリットとして筆者が思うには、「人生経験からくる面白い話題の観点」が一番効果的なのではないかと思います。

男性達がアラサー女性達に求めるものは外見よりも中身です。

会話の中で垣間見せる知性は、自信のないアラサー男性達を大いに勇気づけます。「この人といたら自分は安心出来るかもしれない」と思います。

また、会話の中で垣間見せる包容力も同じくらいアラサー男性達を安心させます。

仕事や人間関係で培った会話力をアピールして、面白い女性だと思わせてみて下さい。きっと男性達は「また話したい」と思います。

 

そして、ここでのポイントは、「分かった風に言わない」あくまでも男性達をたてながら、包容力をたっぷり演出する事です。

上記記事にあるように、二回目のデートにこぎ着ければ三回目のデートはほぼ確実でしょう。ということはつまり、一回目のデートは最重要になってくるわけです。

 

是非とも頑張りたいところですね!

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング