出会いが欲しいなら、女友達の中から「隠れ・合コンクイーン」を探すべし

恋学 / 2014年12月14日 9時0分

出会いのチャンスがない人は、自分の力で何とかしようとするのではなく、友達に何とかしてもらうのもアリです。重視すべきは、「出会いのチャンスに漕ぎ着けた」という結果であり、結果までの道筋にまでこだわる必要なないでしょう。ところが、「紹介話や合コンのお誘いが期待できる女友達は皆無」という人も少なからず存在します。

Two girls on bed

現住所が無人島でなければどうにかなる!

周囲に男性がいない環境は仕方ないことです。しかし、「周囲に女性もいない」なんてことは、現住所が無人島でない限り、ありえないはず。女友達の一人や二人、いますよね? いや、友達じゃなくてもいいんです。顔見知りレベルでオッケー。

「いるけど、男性を紹介してもらうってノリではない」

出会いのチャンスに漕ぎ着けない女性たちは口を揃えます。果たして本当にそうなのでしょうか? そのお友達の人物像を決めつけちゃっていませんか?

「隔週で通っているパン教室のA子ちゃんとは、帰り道が一緒になるけど、話すのはパンの話題ばかり。恋愛トークなんぞ交わしたことがない」

そりゃ、そうでしょう。A子ちゃんと知り合ったのはパン教室なのですから、話題がパン中心になるのは当然です。だからと言って、延々とパンの話題だけに甘んじていても、そこには何も生まれません。試しに、あなたから恋愛関係の話題を出してみては如何でしょうか?

素顔の彼女は合コンクイーンかも

「A子ちゃんは、恋愛には興味がなさそうだから……」は、あくまでもあなたから見た人物像であって、実際の彼女は恋愛至上主義な女性かもしれません。合コンクイーンかもしれません。大げさに言うと、オトコ好きの淫乱女である可能性だってゼロではないのです。パン教室の場では、素顔を見せていないだけってことは、よくあるパターン。犯罪など非人道的な話題を振るわけでもなし、恋愛トークを持ちかけたところで空気がおかしくなることはないでしょう。

 

あなたの予想どおり、A子ちゃんが恋愛に無関心な場合もあります。だったら、大学時代のサークル仲間だったB子ちゃんや、会社の同期のC子ちゃんに持ち掛ければいいだけのこと。女友達の人物像を決めつけず、「もしかしたら合コンクイーンかも」という可能性に賭け、せっせと種蒔きしましょう。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング