女度を磨くのが近道?セカンド女子から本命彼女になる3つの方法とは

恋学 / 2015年1月1日 3時30分

恋をすると気持ちばかりが先走って、つい周りが見えなくなってしまいがち。あなたも彼が「気持ちに応えられない」と薄々気づいていても、なかなか諦めがつかなかったことありませんか?

なかには都合のいい女性に見られていると分かっていても、彼のことが好きで体を許してしまったり、思うように関係を断ち切れない女子も少なくないかもしれませんね。

男性は「釣った魚に餌をあげない」と言います。やはり一度体を許してしまうと、セカンド女子から本命彼女になることは難しいのでしょうか?

0101

嫌なことはハッキリと口にする

男性がセカンドに見る女性は、優しい性格で大人しいタイプが多いものです。あなたも身に覚えがありませんか? 周囲に話を合わせ過ぎたり、頼まれ事をされると断れないなんてこと。

こういった従順で滅多に不平不満を漏らさないタイプの女性は、男性から「こいつ何も言わないし、扱いやすいくてラッキー」とカモにされてしまいがち。

だからこそ都合のいい女性に成り下がらないために、簡単に体を許すことは恋愛においてご法度なのです。

一度体を許してしまうと、男性は「セックスできるし、いまの関係も悪くないのに、どうして?」と感じて、彼女として付き合う意欲が薄れてしまいます。そんなヌルい関係を変えるには「エッチだけの関係ならもう会わない」と、嫌なことはハッキリと口にすること。

その時、彼が引き止めたり考える素振りを少しでも見せたら、まだ恋愛対象として脈アリの可能性はあるかもしれません。

しばらく距離を置く

好きの気持ちが強いほど、彼と会わない時間は辛いですよね。でも、男性はセカンド対象として見ている女性のことを「気軽に会えて、俺の言うことなら多少無理を言っても聞き入れてくれるだろう」と、高をくくっています。

なぜなら男性は一度でも体を許してしまうと「◯◯は簡単にセックスさせてくれる」と考えて、あなたのことを女性として低く見ていることがほとんどだからです。なので、まずはひとりの女性として魅力があることを彼に分からせて。

例えばしばらく彼と距離を置いてみるなど。「セカンドは嫌だから」と理由を伝えて、彼の考えが変わるまで会わないようにするのです。

会わない間はLINEなどで近況報告をする程度に留めて、それでも彼が会いたいようなら異性として距離を図るよう意識してみては?

女性の武器を徹底する

女性としての魅力を彼に分からせるためには、女らしさを心掛けることが大切です。ファッション、メイクに気を配ったり、家事や料理ができる家庭的な女性を徹底しましょう。

男性はなんだかんだ言って、自分のことを癒してくれる家庭的な女性を好むものです。なので、気を遣わずされど女性として気が利く一面を見せてあげることで、彼はあなたと付き合うことを「悪くない」と思うかも……?

彼と連絡を取り合う時は「休日、◯◯してきたよ」と、積極的に伝えてあげて。あまり一方的過ぎてしまうと相手はウンザリしてしまうので、なるべく興味のありそうな話題を振ってあげることで、彼はあなたのことがもっと知りたくなるかもしれません。

関係を断ち切る勇気も必要

「いつか彼女として見てくれる」と期待しているうちは、ふたりの関係は変わらぬままです。嫌われることを恐れず、少しでも自分がしたい恋に近づけるために、彼との関係を思い切って断ち切ることも必要な勇気かもしれません。

恋学コラム

トピックスRSS

ランキング