1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. 恋愛

女性が喜ぶと思ってやりがちな勘違い行動4つ

KOIGAKU / 2023年11月11日 17時23分

男性と女性のコミュニケーションは時に複雑で、男性が女性にとって迷惑な行動をとる男性に出会ったことはありませんか。
女性にとっては全く嬉しくない男性の勘違い行動に焦点を当て、その理由や具体的な行動とともにどうするのが正解なのかを、心理カウンセラーのわたくし千桜ミモザがご紹介します。

男性はなぜ勘違い行動に走るのか

男性はなぜ勘違い行動に走るのか

男友達や職場など、あらゆるシーンで出会ってしまう「男の勘違い行動」。いや、それ逆に迷惑なんだけど…… といいたくなってしまう行動を取るのは、何か理由があるのでしょうか。なぜ男性は勘違い行動をとるのか、その理由を大きく分けて2つ解説していきましょう。


<その女性に好意を抱いているから>

男性が女性に好意を抱いている場合、自分をアピールするためについ普段しないような行動に出ることがあります。それがその女性にとって正解であればいいのですが、往々にして迷惑と受け取られて逆効果になってしまうもの。

男性は、「俺はキミが好きだよ」という気持ちを表現するために、大事なシーンで奇抜な行動に出ることがあり、女性はその行動に戸惑うというわけなんです。嫌われたくてやっているのではなく、むしろその逆の行動なのに、女性から迷惑がられてしまうのは本当に気の毒としか言いようがありませんね。


<いい人だと思われたいから>

人は誰もが人から好かれたいと思う傾向があり、もちろん男性だって女性から「いい人だ」と思われたいと願うことがあります。そのため、時には過剰な善意を示そうとして、あなたが「大丈夫」といっているのに、男性が「いやいや、こっちこそ大丈夫だから」と無理に世話を焼かれた経験はありませんか。

この行動が女性にとってはうるさい干渉に映り、嫌気がさしてしまうことがあります。しかし実態は、男性が単純に「優しい」「気が付く」「いい人」と思われたいだけなのです。


嬉しくない男性の勘違い行動4つ

 嬉しくない男性の勘違い行動4つ

では、実際によく耳にしたり目にしたり、あるいは実際にされたことがあるでろう「女性が嬉しくない男性の勘違い行動」を4つご紹介します。あわせて、それぞれのパターンではどういう行動をしてくれるのが正解なのかも、解説をしていきますね。


<趣味と異なるプレゼントのジレンマ>

女性は自分の趣味や好みを大切にしますよね。下手にマッチしたものや、服や髪色にマッチしたものなど、多くの情報を取り入れて広い視野で欲しいものを選んでいると思います。

しかし、男性があなたの趣味や興味に関係のないプレゼントを贈ってきたら、あなたはどんな気持ちになるでしょう。これはあなたにとって「うわー、困ったな」と間違いなく思ってしまう迷惑な行動でしかないんですよね。

この場合、女性はどうして欲しいと思っているのか。一緒にプレゼントを選ぶか「何が欲しい?」と聞いてくれたらいいのに、と思っているのではないでしょうか。例えば、あなたはアウトドア派ではないのに、登山シューズをプレゼントされるなど、趣味に合わないプレゼントは本当に困りますよね。


<不快感でしかない頭ポンポン>

よくドラマやアニメで、男性が女性の頭をポンポンしてきゅーん♡となるシーンがありますよね。しかし、実際に好きでも何でもない男性が女性の髪を触る「頭ポンポン」は、女性にとっては不快な行動はなずです。「女性はこれをされるのが好きなんだろう」と、男性は思うようですが実際には全く違うもの。

女性は髪型や髪の手入れに時間をかけ、その髪型が崩れたりするのが嫌なものですし、ましてや好きでもない男性からの頭ポンポンは、喜ぶどころか嫌悪感すら抱いてしまうことに。

では、この場合何が正解かというと「不用意に頭ポンポンをしない」ということです。別に頭ポンポンされて喜ぶ女性はいない、と男性には覚えていただきたいですよね。


<それ顔に出てるよ、嘘の「可愛いね」>

思わず思っていることが口から出てしまう言葉は、相手の表情や言葉のトーンからも、その真意が自然と伝わるものです。

割と多いのが、男性がその場のノリで「可愛いね」と言うこと。しかし、女性は勘が鋭いのでその嘘を見抜いており、このような褒め言葉には不快感を感じてしまいますよね。本心ではそんなこと思ってないくせに!と。

ここで男性に摂ってもらいたい行動は、本心でない言葉は絶対に言わないということ。女性としては、率直なコミュニケーションを通じて、お互いの気持ちを理解しあえるほうが嬉しいものですよね。


<それくらい自分で出来ます!>

男性と食事に行って、さぁ帰ろうとなった時に「どうぞ」とコートなどのアウターを腕を通しやすくされた経験はありませんか。男性が女性にコートを着せようとする行動は、女性にとっては余計なお世話に感じられます。あるいは、バッグを「持ってあげるよ」といって、半ば強引にバッグを持って行かれた経験はありませんか。

自分で服を着ることができ、バッグを持つこともできる自立心を持つ女性にとって、他人からの助けが逆に煩わしくなるものです。さらに、客観的に見た時にそれをさせている自分が、とてもイヤな女に見えているんじゃないだろうか、という不安も出てきちゃいますよね。

ここで男性に理解して欲しいことは、女性の自立心を尊重して、何でもしてあげるのではなくて手助けが必要か聞く程度がベストだということです。


勘違い行動はただの余計なお世話

勘違い行動はただの余計なお世話

男性がしがちな勘違い行動は、良かれと思って行うことが多いかもしれませんが、女性にとっては余計なお世話となり逆効果に終わることがあります。男性が女性に対して行うことの大切な要素は、相手の気持ちや好みを尊重することです。

女性は、自分を思いやってくれる男性の姿勢を評価はしますが、無理にお世話を焼かれることは避けたいと思うもの。お互いに大切なことは、共感と尊重をもってコミュニケーション取ることかもしれませんね。


 

Written by 千桜ミモザ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください