彼が「超愛を感じる」体位「勝手に5選」

恋学 / 2015年8月29日 15時0分

女子がぺったんこ座りみたいにして彼の上に乗っかって腰を振る……いわゆるぺったんこ座りの騎乗位……これは男子にとって決して気持ちいい体位ではなく、単に「AVで絵になるから」やっている体位にすぎない……。

こういうことを言っているお医者さんがいます。

おそらく医学的には正しいことだろうと思いますが(あるいは医学的見地による仮説のひとつだろうと思われますが)、我々のエッチって「正しいか正しくないか」って、あまり関係なかったりもしますよね。カップルでお互いに気持ちよかったら「正しくない」行為もいとわない的な……。

そもそも「正しいセックス」がどんなものなのか、教えていただきたいとも思いますが……。

今回は、正しいかどうかはさておき、彼が愛を感じる体位について見ていきたいと思います。

さっそくご紹介しましょう!

06

1:対面座位

「キスはできるし、彼女のおっぱいを揉むことはできるし、彼女がじぶんで気持ちいいように動いてくれるし、対面座位はまことに愛を感じる優れた体位だと思います」(27歳・IT)

これは、ポイントはキスだろうと思います。

キスに関する男子の認識って「快感がMAX気味になったらキスしたい」というものだったりもするので、気持ちいいときにキスをしつつ……ということがやりやすい対面座位って、わりと愛を感じるのではないか、ということではないでしょうか。

2:バック

「バックって、なんか征服している感じがして好きです。彼女はドMなので、征服してやっているというか、征服させていただいているというか、なんか愛を感じます」(25歳・コンサル)

ドSの彼がガンガン腰を振って……という行為も、そのコトの本質を見れば、男子って「させていただけることに感謝」しているということだったりもするんですよね。

この、Mの女子が多い世の中にあっても、男子は犯させて「いただけること」や、征服「させていただけていること」に、ちゃんと感謝してるんです。

過言すれば、セックス難民になるのを恐れている男子がいかに多いかってことです。

3:正常位

「やっぱり愛を感じる体位って正常位です。入れさせていただけているという感じがするからです」(27歳・公務員)

こちらもエッチ「させてくれてありがとう」的なご意見ですよね。

男はエッチできりゃあ、誰でもいいんだろ!? 的な認識が、まだまだ強い世の中ですが、ありふれた体位である正常位をしている最中に「入れさせてくれてありがとう」と思っている男子もいるってことで、男子、意外と謙虚なのかも! と思いませんか?

4:寝バック

「彼女のお尻の肉感をしっかりと感じることができる寝バックに愛を感じます。ぼくがお尻フェチだからかもしれません」(26歳・飲食)

じぶんが好きな彼女のボディパーツを触りつつのエッチ……というのが、愛を感じるポイントなのかもしれません。

ほら!「おれが好きなお尻を触らせてくれてありがとう!」って思ってるんですよ。

5:駅弁

「彼女をINしたまま抱きかかえる、あの駅弁って体位、愛を感じます。彼女がINしたまま、ぼくの首に抱きついているんですから!」(27歳・建築)

ぎっくり腰に注意って体位ですよね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

もっと取材すればもっといろんなご意見が出てくるかと思いますが、今回はこのへんで。

でもまあ、あれですよね。「エッチさせてくれてありがとう」的なことを思っている男子がいるというのは、女子として、ちょっとばかり嬉しい話かもしれませんね。

あなたの大事なところを舐めさせてくれたり、御開帳してくれたり、ハメさせてくれたり、なにかとありがとうと思えるような体位であれば、男子は「愛を感じて」、あなたのことをもっともっと大事にしてくれるのかもしれません。

 

Photo by acworks

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング