スタイリッシュなGLCクーペにPHEV追加 メルセデス・ベンツ「GLC350e 4MATICクーペ」発売

くるまのニュース / 2020年4月5日 11時50分

メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムミドルサイズの新型「GLCクーペ」に、プラグインハイブリッドの四輪駆動モデル「GLC350e 4MATICクーペ」を追加、2020年4月4日より発売する。

■130km/h以下なら電気モーターのみで45.2km走行可能

 メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムミドルサイズSUVの新型「GLCクーペ」に、EQ POWER(PHEV・プラグインハイブリッド)の四輪駆動モデル「GLC350e 4MATICクーペ」を追加、2020年4月3日に発売を開始した。

 GLCクーペは、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立させたSUVクーペだ。

 ベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備えるとともに、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」と同等の走行性能、利便性を実現している。

 今回追加される「GLC350e 4MATICクーペ」は、最高出力211ps、最大トルク350Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを採用。

 13.5kWhと先代よりリチウムイオンバッテリーの蓄電容量がアップしたことで、モーターアシストが向上。システム総合の最高出力は320ps、最大トルクが700Nmとなった。

 130km/hまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することも可能。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は45.2kmを達成している。

 車両価格は922万円(消費税込、以下同)。右ハンドル仕様のみの設定となる。

 またメルセデス・ベンツ日本は、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償で提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施。さらに月額3000円を支払うことで、全国に約1万5000基あるNCS(合同会社日本充電サービス)加盟の普通充電器(AC)が無料で使える充電サービス「Mercedes me Charge AC」を新たに導入している。

※ ※ ※

 今回の発売は、4月4日の「四輪駆動の日」を記念してのものだという。

 四輪駆動の日とは、現在のダイムラー社が1907年に、世界初となる四輪駆動システムを備えた乗用車を開発したことを受け、メルセデス・ベンツ日本が2016年、4月4日を四輪駆動の日として日本記念日協会に申請。正式に登録されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング