昔は飛び切りカッコいい商用車があった!? イカしたバン&トラック5選

くるまのニュース / 2020年5月5日 6時10分

商用車といえば質素であったり質実剛健であったりと、ワクワクするような見た目やスペックのクルマというイメージはありませんが、かつてはスタイリッシュなモデルや高性能なモデルが存在。そこで、イカしたバンやトラックを5車種ピックアップして紹介します。

■レジャー用としても活躍したスタイリッシュな商用車たち

 一般的に商用車というと荷物を運搬するのが使命で、見た目や必要な性能以外は重視されません。

 ところが、かつて販売された商用車のなかには、スタイリッシュなモデルや、高性能なエンジンを搭載したモデルが存在。

 そこで、ユニークなバンやトラックを5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「ライフ ステップバン」

現在のトールワゴンに通じる秀逸なデザインの「ステップバン」現在のトールワゴンに通じる秀逸なデザインの「ステップバン」

 ホンダは大ヒットした軽自動車「N360」シリーズの後継車として、1971年に水冷エンジンを搭載した初代「ライフ」を発売しました。

 さらに多くのニーズに対応するために、1972年にライフのシャシを使った派生車である、セミキャブオーバー型の軽ライトバン「ライフ ステップバン」とトラックの「ライフ ピックアップ」が登場。

 その外観は軽自動車規格いっぱいまで使った直線基調のボクシーなもので、この時代にいまの軽トールワゴンと同様なディテールを確立しており、発売時には他車にない斬新なデザインが話題となります。

 また、当時の軽ワンボックスバンは前席の下にエンジンを設置し、後輪を駆動するFRが主流でしたが、ライフ ステップバンはFFだったことでプロペラシャフトが不要となり、フロア高を下げてより多くの荷物を積み込むことが可能でした。

 1974年にホンダが軽自動車市場から一時撤退を決めたため、ライフ ステップバンは生産を終了。ところが、使い勝手の良さやユニークなデザインが再評価され、若者を中心にレジャーカーとして中古車人気が高くなる現象が起きました。

●トヨタ「ハイラックス」

スタイリッシュなSUVとして人気を博した「ハイラックスサーフ」(画像は北米仕様)スタイリッシュなSUVとして人気を博した「ハイラックスサーフ」(画像は北米仕様)

 小型ピックアップトラックのトヨタ「ハイラックス」は、1968年に初代が誕生しました。トラック大国アメリカへも輸出され、人気を博します。

 そして、1983年に4代目が登場し、1984年には荷台部分にFRP製キャノピーを載せ、ステーションワゴンのように使える「ハイラックスサーフ」を追加ラインナップ。

 当初は4ナンバー小型商用車登録のバンでしたが、サーフィンやスキーなどのアウトドアスポーツ愛好者たちから歓迎され、ライバルの「ダットサントラック」を販売台数で大きく引き離し始めました。

 さらに2.4リッターディーゼルターボエンジン搭載車が追加され、走行性能改善のためサスペンションの改良がおこなわれるなど、より普段使いに適した仕様へと変わっていきます。

 1986年のマイナーチェンジでは5ナンバー登録のワゴンが登場し、その後の好景気な背景から国内SUV車のマーケットを大きく切り拓く存在になりました。

●日産「ダットサントラック」

海へ、山へ、レジャー用として大人気となった「ダットサントラック」海へ、山へ、レジャー用として大人気となった「ダットサントラック」

 日産の小型トラック「ダットサン」は1935年に登場し、第二次大戦後は「ダットサントラック」として個人事業主の相棒として活躍しました。

 そして、1985年に発売された9代目のダットサントラックは、直線基調のボディデザインでSUVの初代「テラノ」のベースにもなったモデルです。

 ラインナップは2名乗車のシングルキャブ標準ボディとロングボディ、さらに5名乗車のダブルキャブを設定。

 発売当初は1.6リッター、1.8リッター、2リッターの直列4気筒ガソリンエンジンと、2.3リッターディーゼルエンジンが設定され、1988年には最高出力85馬力の2.7リッターディーゼルエンジンが追加されました。

 1992年には100馬力を発揮する2.7リッターディーゼルターボエンジンと4速ATもラインナップされ、たくましいデザインのブリスターフェンダーや、テラノにも似たフロントフェイスとなり、もはや商用車とは思えないほどスタイリッシュに変貌。

 当時のRVブームと重なり、荷物を運ぶだけのピックアップトラックとしてではなく、レジャー用途のSUVとしても人気が高まりました。

■とんでもないトラックがアメリカに存在していた!?

●スバル「レオーネ エステートバン4WD」

元祖クロスオーバーといえる「レオーネ エステートバン4WD」元祖クロスオーバーといえる「レオーネ エステートバン4WD」

 スバル1000から始まった水平対向エンジンですが、これにパートタイム4WDシステムを組み合わせた初のモデルが、1971年に製作されたスバル「ff-1・1300Gバン4WD」です。

 このff-1・1300Gバン4WDは、当時、東北電力から冬場の豪雪地帯での設備保守用に乗用車タイプの4WD車が必要というリクエストから少量が生産されました。

 そして、1971年には次世代モデルとして「レオーネ」が登場。セダンを基本として、クーペとライトバンをラインナップし、全車FFでデビュー。

 1972年にはライトバンの「エステートバン」に4WD車を設定。ここから正式にスバルの4WDワゴンの系譜が始まります。

 レオーネ エステートバン4WDはクロスカントリー4WD並の雪道走破性がありながら、乗用車並の快適性を確保していた点が高く評価されました。

 また、スタイリッシュなボディで車高を高めたスタイルは、現在のクロスオーバーSUVに通じるものがあります。

●マツダ「ロータリーピックアップ」

世界で唯一無二の存在!「ロータリーピックアップ」世界で唯一無二の存在!「ロータリーピックアップ」

 マツダがロータリーエンジン搭載車のフルラインナップ化の一環として、シングルキャブのピックアップトラック「プロシード」をベースに、1.3リッター2ローターの13B型ロータリーエンジンを搭載した、高性能な「ロータリーピックアップ」を1974年にアメリカで発売。

 この世界で唯一のロータリーエンジン搭載のピックアップトラックは、ボディ形状こそ一般的なボンネットトラックですが、フェンダーは左右に拡大され、フロントにはディスクブレーキが採用されるなど、エンジン性能に見合う装備が採用されています。

 また、フロントグリルにはロータリーエンジンのローターを模したエンブレムが装着されるなど、高性能さをアピール。

 ロータリーピックアップは「REPU」(ロータリー・エンジン・ピック・アップの略)と呼ばれ、約1万6千台しか生産されなかった希少なクルマということもあり、現在でもアメリカのロータリーマニアに人気があります。

※ ※ ※

 日本では1970年代にマイカー時代が到来しましたが、まだまだ高価な買い物とあって急速に普及するには至っていませんでした。

 そこで、自営業者世帯では荷物も積めて人も乗れるライトバンが乗用車の代用として使われるケースが多かったといいます。

 そうしたニーズから、トヨタ「クラウン」や日産「スカイライン」といったモデルでも、ライトバンをラインナップするのが一般的でした。

 現在では、商用車を乗用車代わりに利用するケースは減っているため、そうしたモデルは淘汰されてしまい、特徴的な商用車はあまり見られなくなっていまいました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング