トヨタ新型「GRヤリス」にCVTモデル追加! 競技ベース車も設定し2020年9月頃発売

くるまのニュース / 2020年6月2日 17時10分

トヨタ新型「GRヤリス」のラインナップに、現在予約受付中の「RZ」に加え、CVT搭載の「RS」と競技ベース用の「RC」が設定されることが明らかになりました。

■「GRヤリス」はニーズに合わせて3つのラインナップを展開

 トヨタは、「ヤリス」をベースとしたホットハッチモデル「GRヤリス」の国内ラインナップを2020年6月2日に発表しました。

 現在ウェブで予約受付中の「RZ ファーストエディション」の通常モデルに加え、研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめる「RS」と競技ベース用の「RC」が設定され、国内では3つのモデルが展開されることになります。

●「RZ」

 卓越した走行安定性、圧倒的な加速と気持ちの良いエンジン回転数の伸びを体感できる高出力モデル。

 新開発の小型軽量ハイパワー1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載し、6速MTに「iMT」を採用しました。

 駆動方式は、多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用の新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載。

 ファーストエディションの「ハイパフォーマンス」は、前後トルセンLSDやBBS製鍛造アルミホイール、ミシュラン パイロットスポーツ 4S ラジアルタイヤが装備されます。

●「RS」

 GRの研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめるモデルで、1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、発進用ギヤを追加し低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現する「Direct Shift-CVT」を採用しました。

 マニュアル感覚の操作が楽しめる、10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを装備しています。

●「RC」

 競技ベース用モデルで、「RZ」と同様の1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンに6速MTに「iMT」を組み合せました。駆動方式はスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」です。

 走りに必要なモノ以外を極力排除した軽量モデルのため、ディスプレイオーディオなどは装着されません。

 GRヤリスは、TOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)に学んだ「WRCで競争力あるクルマづくり」や開発初期からの社外プロドライバーによる評価によって、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ、「誰もが安心して意のままに運転できる」クルマとして誕生しました。

 アッパーボディにアルミ素材のエンジンフード、バックドア、ドアパネルに加え、形状自由度の高いSMC工法で成形されたCFRP素材のルーフパネルを採用。軽量化を図りながら優れた空力性能を示す強固な3ドアタイプのキャビンとしています。

 さらに、前後のサスペンションセッティングの最適化をおこなうなど、WRCを通じてユーザーが普段走っている世界のさまざまな道を知り、人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」で蓄積してきた知見やノウハウを注いだオリジナルモデルです。

 なお、GRヤリスの生産は、数々のスポーツモデルを造り込んできた元町工場に専用ライン「GR FACTORY」を新設し、「匠」の技能を有する従業員が組み立て準備を進めています。

※ ※ ※

 日本と欧州で約6000台の先行予約がおこなわれている「RZ」の特別仕様車「RZ ハイパフォーマンス ファーストエディション」と「RZ ファーストエディション」は、受付期間が2020年6月30日までとなります。

 2020年1月10日に開催された東京オートサロン2020で世界初公開されたGRヤリスは、開催中の3日間で約1000台の予約、同年1月23日時点では約2000台の予約があったといいます。

 価格(消費税込)は、「RZ ハイパフォーマンス ファーストエディション」が456万円、「RZ ファーストエディション」が396万円です。

 CVTモデルの「RS」と競技用「RC」の発売は2020年9月頃とされていますが、現時点で価格は明らかになっていません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング