まるで高級スポーツセダン!? トヨタ新型「ハリアー」はSUVを超えた存在に?

くるまのニュース / 2020年7月9日 10時10分

注目バツグンのトヨタ新型「ハリアー」は、先行予約期間中のわずか2週間で約2万台を受注する売れ行きを見せています。新型のデザイン性やラグジュアリー性が話題となりますが、その走りの味付けはもはや「高級スポーツセダン」に匹敵するといいます。

■新型ハリアーはただのラグジュアリーSUVでは無い!? 驚きの走りとは

 2020年6月17日に鮮烈なデビューを飾った新型トヨタ「ハリアー」ですが、市場での滑り出しは上々のようです。6月3日時点で約2万台の受注をしていて、納車までにすでに半年以上待ちとなっています。

 1997年に初代がデビューしたハリアーは、それまでオフロード4WDの域をなかなか脱することのできなかったSUVに、はじめてラグジュアリー、そして乗用車ライクなハンドリングというエッセンスを加えた画期的なモデルでした。その後に登場した多くのSUVが、このハリアーに少なからぬ影響を受けています。

 初代の登場から23年間で3度のフルモデルチェンジを果たし、着実に進化を遂げてきたハリアー。「都市型クロスオーバー」を標榜している新型は、果たしてどのような乗り味になったのでしょうか。東京地区の販売会社となるトヨタモビリティ東京主催の試乗会で体感してみます。

 新型ハリアーには、2リッター直列4気筒ガソリンエンジンと、2.5リッター直列4気筒エンジン+モーター(HV)というふたつのパワーユニットが用意されています。先代には2リッター直列4気筒ターボエンジンが設定されていましたが、今回の新型には採用が見送られました。

 ボディサイズは全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mmで、全長と全高は先代よりも僅かにサイズアップし、全高のみ30mmほど下げられました。

 ただし、近くで感じる大きさとしては、先代とさほど変わらない印象です。ただし、フォルムはより流麗になり、内外装のデザインはまるで輸入車を思わせます。

 新型は先代とは違って北米や中国などでも販売されるグローバルモデルであるため、細部にまでトヨタの本気度が窺えます。

 今回、試乗したグレードは「G“レザーパッケージ”(ガソリン車/ 2WD)」「Z(ハイブリッド/2WD)」「Z“レザーパッケージ”(ハイブリッド車/E-Four)」の3グレードです。

 最初にベーシックなガソリン車(2WD)に試乗しましたが、走り出した瞬間に感じたのは、“まるで高級スポーツセダンのようだ”ということです。

 新型にはTNGAプラットフォームが採用されていることから、ボディ剛性の高さは予想していましたが、重心位置がかなり低くなっているのには驚かされました。

 初めてSUVに乗る人が、よく「重心が高くて怖い」といいますが、新型ハリアーであれば不安を微塵も感じることはないでしょう。

 サスペンションのセッティングも、ラグジュアリーとスポーティというふたつのベクトルのなかで、実にいい所に着地させています。

 新型ハリアーと共通のプラットフォームを用いる「RAV4」は、オフロードを走行することを考慮しているため、サスペンションの移動量が多く、乗ると多少ユラッとした部分を感じますが、ハリアーにはそれがないものの、サスペンションが容量不足というわけではありません。

 225/60R18というサイズのタイヤの重さを感じさせることなく、繊細にハーシュをいなしてくれます。

 ステアリングも非常にリニアかつダイレクトなフィーリングで、自分の意のままに動いてくれるのが快感です。

 当日はミニサーキットでの試乗でしたが、SUVであっても狙った走行ラインに入っていけるため、アンダーステアになるという不安がありません。ボディ剛性、サスペンション、ステアリングのチューニングが一体となって、“脱SUV”のドライブフィール実現に成功しています。

 期待以上だったのは、2リッターガソリンエンジン。ダイナミックフォースエンジンであるこのユニットは、RAV4でも高い評価を得ていますが、新型ハリアーでも驚きのフィーリングを発揮しています。

 トランスミッションは、RAV4と同じダイレクトシフトCVTが組み合わされており、先代の2リッターガソリンエンジンとはフィーリングがまるで違います。ターボでなくても十分な加速性能を持っているうえに、NAならではのエンジンを使い切る気持ちよさを持っています。

■ハイブリッドグレードはスポーティモデルといえる存在!?

 新型ハリアーのなかでは、おそらくガソリンエンジンの販売比率がもっとも高くなると思いますが、よりスポーティなテイストを欲するのであればハイブリッドという選択肢も考慮すべきだと思います。

 ハイブリッドは本来、燃費向上のためのシステムですが、モーターアシストによる優れた加速性ゆえに、昨今では「第3の過給器」として考えられるようになっています。

 新型ハリアーのハイブリッドもWLTCモード22.3km/L(4WDは21.6km/L)という低燃費を実現しながらも、ガソリンエンジンよりもスポーティなドライビングを楽しむことが可能です。

 トヨタがターボエンジンを設定しなかったのも、ハイブリッドが十分にスポーティなグレードであることが理由かもしれません。

 ハイブリッドに設定されるモーターを使用した電気式4WDシステムのE-Fourであれば、さらに鋭い加速を体感することができます。

 前後輪軸のそれぞれをモーターでアシストさせるE-Fourは駆動トルクの損失が少なく(発進加速時は前8:後2)、その加速はガソリンエンジン車や2WDのハイブリッドを遙かに上回るものです。

 3タイプのグレードで0-200m加速を比べてみましたが、ダントツの速さを見せつけました。

 運動性能も、ほかのグレードとは異質です。225/55R19サイズのタイヤに多少硬めに味付けされたサスペンション、さらには駆動トルクを走行状態によって可変させるE-Fourのおかげで、自分のドラテクが上達したような感覚を楽しむことができます。

 ハイブリッド(E-Four)は500万円オーバーの価格に見合う走りをきっちりと実現しており、予算に余裕があるならE-Fourが買いなのではないでしょうか。

予算に余裕があるならハイブリッド(E-Four)をオススメ!予算に余裕があるならハイブリッド(E-Four)をオススメ!

 かつてレクサスの「NX」や「RX」に試乗したとき、次元の高いドライブフィールに感嘆させられましたが、新型ハリアーはこの価格帯でそれらを凌駕してしまったといっても過言ではありません。

 一方で、一部グレードで価格帯がバッティングするRAV4とは、きっちりと走りの質の差違を付けています。

 さらに、ライバルとなるマツダ「CX-5」が年次改良によってどんどん走りのクオリティを向上させていますが、新型ハリアーは操安性や静粛性の面ではそれも越えています。
 
 国産SUVは30年近くの歴史のなかで、車高の低いクルマに走行性能を近づけようとしてきましたが、近づくどころかそれを越えきました。

 初代ハリアーもエポックメイキングなモデルでしたが、新型ハリアーは再びSUVのベンチマークになったといえます。

 ハリアーのフルモデルチェンジよって、当然ながらレクサス・RXも変わるはずですが、そのような味付けになるのかが今から楽しみです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング