日産のロボットカー「エポロ」が楽しく解説!? 先進運転支援技術の仕組みを知るには

くるまのニュース / 2020年8月1日 10時10分

日産は2020年7月31日、将来の自動運転につながる先進運転支援技術、またその基本となる「認知・判断・制御」の考え方について、日産のロボットカー「エポロ」が登場して紹介する4コマ漫画「エポロの日常」を、日産の公式SNSアカウントおよびWEBサイトで公開しました。

■7体の個性豊かなロボットが、日産の自動運転に関する技術を説明

 日産は、将来の自動運転につながる先進運転支援技術や、その基本となる「認知・判断・制御」の考え方について、日産のロボットカー「エポロ」が登場して紹介する4コマ漫画「エポロの日常」を、2020年7月31日に日産の公式SNSアカウントおよびWEBサイトで公開しました。

 日産は、2023年度末までの構造改革において、電動化を推進するとともに将来の自動運転につながる先進運転支援技術の拡大に注力する方針を発表しています。

 そして先進運転支援技術を搭載した商品展開と実用領域での技術の完成度で先行し、さまざまな車種への先進安全技術の早期採用を実施。

 2019年には「スカイライン」に、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、同一車線内でのハンズオフやルート走行中の分岐や追い越し時の車線変更など、ドライバーの運転操作を幅広く支援する世界発の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載しました。

 今回、公開が始まったエポロの日常では、既に実用化されているこれらの先進運転支援技術を、より多くの人が身近に感じられるようにとの目的でスタート。人間が普段の生活のなかでおこなっている、認知・判断・制御の3つと同様の処理で実現している技術を、愛らしいフォルムと個性を持った7体のロボットカー、エポロの日常生活を通して表現しています。

 配信は週1回、ツイッターやインスタグラムの日産公式アカウントで、全30話が公開予定です。

 さらに、SNSで配信されたエピソードや関連技術の情報は、日産の技術を紹介するサイトでも公開される予定となっています。

 エポロは、群走行しながらぶつからないロボットカー。名前の由来はCO2排出ゼロ、交通事故ゼロに向かうエピソード、「EPisode Robot」の略称です。

 開発にあたっては、海中の障害物を回避しながら、集団のなかでもお互いにぶつからずに泳ぐ魚群の習性に着目し、その行動ルールがエポロの走行制御に応用されました。

 連載を担当するデザインビジネスマネジメント部 地域貢献・CSR担当 羽渕 裕美子さんは、「まるで人間のように楽しく生きる愛嬌たっぷりのエポロたちの日常を、自動運転や安全技術の知識を交えて描いていきます。頑張ります」と、抱負を述べています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング