10月発売決定!? ホンダ「シビックタイプR」 生産拠点の稼働で販売面に動きアリ?

くるまのニュース / 2020年8月2日 18時10分

ホンダは、2020年夏に発売を予定していたマイナーチェンジモデルとなる「シビックタイプR」について、同年10月に発売する予定だと明らかにしました。今回のマイナーチェンジでは、どのような改良が施されるのでしょうか。

■シビックタイプRが2020年10月に販売予定?

 2020年7月31日にホンダは、2020年夏に発売を予定していた「シビックタイプR」のマイナーチェンジについて、「生産拠点での活動再開に伴い、今年の10月発売予定となります」とアナウンスしました。

 発売が熱望されるマイナーチェンジモデルには、どのような改良が施されているのでしょうか。

 2017年に登場した現行型のシビックタイプRは、操る喜びを追求したモデルとして国内市場に投入。今回のマイナーチェンジモデルについては、東京オートサロン2020で初公開されました。

 従来のタイプRは、標準モデルの「シビックハッチバック」をベースに運動性能を高める改良が施されていましたが、現行型では、シビックハッチバックでは同時開発により、普段使いもできる新時代のタイプRへと生まれ変わっています。

 マイナーチェンジモデルでは、スポーツカーとしての本質と操る喜びをさらに進化させるべく、これまでおこなってこなかった領域として、「ドライビング空間」「一体感・ダイレクト感」「サーキット性能」などの進化といった部分の改良が施されました。

 ドライビング空間の部分では、ホンダ初となるフルアルカンターラ表皮のステアリングホイールを採用しています。

 アルカンターラ表皮は本革より生地が薄く、そのままではグリップ径が細くなるため、裏地を二枚重ねとすることでグリップ径を維持しつつ、アルカンターラ素材に合わせた弾力性をチューニング。

 また、6速MTのシフトノブ形状を変更。2007年モデルのタイプRから10年以上使い続けた丸型に代わり、マイナーチェンジではシフトノブは手になじむティアドロップ形状になりました。

 シフトノブの内部には90g分のカウンターウェイトが埋め込まれ、トランスミッション側の操作荷重とノブ側の操作荷重のバランスの最適化が図られています。

 さらに、マイナーチェンジでは安全性を向上させるため、ベースモデルのハッチバックに適用されている「ホンダセンシング」が新たに搭載され、全車標準装備となりました。

 一体感・ダイレクト感の部分では、アダプティブダンパーシステム制御やサスペンションブッシュ、ボールジョイントなど、これまで手を入れてこなかった領域にまで踏み込んでチューニングしています。

 これにより、コーナーアプローチから脱出までの一連のハンドリング性能や、荒れた路面における接地性・制振性が向上しました。

 サーキット性能では、新型シビックタイプRのフロントグリル開口面積が拡大され(現行比+13%)、ラジエーターに効率よく風を導入できるように形状を変更。ラジエーターのフィンピッチを変更して放熱性を向上させることで、サーキット走行においての最高水温を大幅に低減しています。

 さらに、グリル開口部の拡大によって減少するフロントダウンフォースに対応するために、フロントエアスポイラーの形状や剛性など細部に至るまでチューニングすることで、従来モデルと同等以上のダウンフォースレベルを発揮します。

 ブレーキ性能においても、サーキット走行でのさらなるブレーキフィールの向上を目指し、ブレーキディスクに2ピースフローティングタイプを採用。2ピース化によってディスクの熱ダレが減少することで、連続走行時に起こるペダルストローク変化や踏力変化を低減しています。

 ボディカラーにも新色が設定され、鮮やかでエキサイティングな「レーシングブルー・パール」とともに、国内の新色となるシックでクールな「ポリッシュドメタル・メタリック」が設定されました。

※ ※ ※

 今回のマイナーチェンジモデルとなるシビックタイプRをベースに軽さと速さをさらに研ぎ澄ました限定車「リミテッドエディション」も設定され、日本では200台限定での販売となります。

 なお、各国に先立ちカナダでは2020年5月28日に限定100台の予約が開始され、「予約開始から4分で完売」とホンダのカナダ法人は明かしているなど、世界中のファンがシビックタイプRを待ち焦がれているといえます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング