「これは速そう!?」 トヨタ「GRヤリス」がさらに速くなる? 専用GRPARTS登場

くるまのニュース / 2020年8月7日 11時10分

トヨタがラリー競技で勝てるベース車として開発した「GRヤリス」。そのままの純正状態でも一定の速さや楽しさがありますが、専用で設定されるGR PARTSにはさらなる性能向上のアイテムが数多く設定されていました。

■GRヤリスをさらに速くするGR PARTSとは

 トヨタが2020年2月に発売したコンパクトカー「ヤリス」の派生車として同年9月に発売予定の「GRヤリス」。そのままサーキットなどでも走行出来るように、純正の状態でも走行性能を追求したスタイリングを持っています。
 
 それでももっと自分好みの仕様にしたいというユーザー向けに「GR PARTS」が設定されるといいます。

 GRヤリスには、「RZ “High performance”」、「RZ」、「RS」という基本グレードで設定され、競技用には「RC」がラインナップ。

 RZ “High performance”とRZは、卓越した走行安定性、圧倒的な加速と気持ちの良いエンジン回転数の伸びを体感できる高出力モデルです。

 新開発の小型軽量ハイパワー1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載し、6速MTに「iMT」を採用。

 駆動方式は、多板クラッチによる前後駆動力可変システム採用の新開発スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載します。

 RSでは、GRの研ぎ澄まされた走りを気軽に楽しめるモデルで、1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、発進用ギヤを追加し低速から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現する「Direct Shift-CVT」を採用。

 マニュアル感覚の操作が楽しめる、10速シーケンシャルシフトマチックのパドルシフトを装備しました。

 今回、GRヤリスに設定されるオプションのGR PARTSには、「競技用アイテム」と「外装アイテム(空力向上/ドレスアップ)、「内装アイテム」、「機能アイテム」に分けられます。

 競技用アイテムは、全国に点在するGRガレージ専用アイテムとなり、「GRロールバー」、「GR機械式LSD」、「GRサンプガード」、「GRフロアガード」、「GRタンクガード」、「GRメタリッククラッチ&クラッチカバーセット」がラインナップ。

 外装アイテムには、空力向上パーツとして「GRフロントスポイラー」、「GRサイドスカート」、「GRスタイリングキット(リアバンパースポイラー&スポーツカマフラー)」を設定しています。

 ドレスアップパーツとしては、「GRディスチャージテープ」、「GRボディストライプ」、「GRカーボンナンバーフレーム」、「GRドアハンドルプロテクター」、「GRバルブキャップ」、「GRナンバープレートロックボルト」を用意。

 内装アイテムでは、「GRフロアマット(ベーシック/アドバンスド)」、「GRラゲージマット(ベーシック/アドバンスド)」、「GRインテリアパネルキット」を設定しています。

 これらのGR PARTSは、取り扱うメーカーは異なるものの基本的に前述のGRガレージにて購入することが出来るようです。

 なお、各販売価格は2020年9月のGRヤリス正式発表に合わせて公表されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング