トヨタ新型「ランクルプラド」がターボ強化で200馬力超え! より力強いディーゼル四駆に

くるまのニュース / 2020年8月3日 14時50分

トヨタは「ランドクルーザープラド」を2020年8月3日に一部改良して発売しました。ディーゼルエンジンの出力向上がおこなわれたほか、黒を基調とした特別仕様車も登場しています。

■ターボチャージャーのサイズアップにより最高出力204馬力を達成

 トヨタは、一部改良したランドクルーザープラドを2020年8月3日に発売しました。あわせて、特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」も新たに設定しました。

 搭載されるディーゼルエンジンに変更が加えられたといいますが、具体的にはどのような点が改良されたのでしょうか。

 今回の一部改良では、2.8リッターディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップすることにより、最高出力を従来の177馬力から204馬力に向上。さらに力強い走りを実現しました。

 また、安全装備では、Toyota Safety Senseの機能を向上。プリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大し、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応したほか、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車標準装備としました。

 快適装備では、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオをオプションで設定。車載通信機DCMとあわせ、便利で快適なカーライフを提供します。

「TZ-G」、「TX“Lパッケージ”」の2グレードに、駐車場などで後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリヤクロストラフィックアラートをオプション設定(ブラインドスポットモニターとセット)。

 また、「TZ-G」グレードはパドルシフトを採用し、ステアリングから手を離すことなく、指先だけの操作で素早いシフトチェンジが可能となっています。

 一部改良後のランドクルーザープラドの車両価格(消費税込、以下同様)は、2.8リッターディーゼル仕様が428万5000円から553万円。2.7リッターガソリン仕様が362万1000円から429万8000円です。

※ ※ ※

 特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」は「TX」グレードをベースに、“Lパッケージ”相当の装備に加え、内外装はブラックを基調とし、オーナメントパネルをシルバー塗装、センタークラスターパネルなどにブラック塗装が施されています。

 外装では、グリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュに、漆黒メッキ加飾を施し、アウターミラー、ルーフレールなどはブラック塗装としました。

 また、専用ブラック塗装の18インチアルミホイールを特別装備するとともに、ブラック塗装を施した、大型のフォグランプベゼルを装着し、精悍な印象としています。

 特別仕様車「TX“Lパッケージ・Black Edition”」の車両価格は、2.8リッターディーゼル仕様が493万1000円から508万9000円。2.7リッターガソリン仕様が426万1000円から441万9000円です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング