決め手は居住性? いまやマツダで人気No.1 小型SUV「CX-30」選ばれる訳は

くるまのニュース / 2020年8月16日 18時10分

2020年上半期のマツダでいちばん売れたクルマはコンパクトSUVの「CX-30」です。マツダにはすでにコンパクトSUVとして「CX-3」が存在するなか、新たに加わったCX-30をユーザーが選ぶポイントとは、いったいなんでしょうか。

■2020年上半期にいちばん売れたマツダ車「CX-30」

 マツダ「CX-30」は2019年10月に登場したコンパクトSUVです。当初から人気を集め、2020年上半期(1月から6月)で1万5937台が登録され、同期間でもっとも売れたマツダ車となりました。

 他社で近いボディサイズのコンパクトSUVとも比較すると、トヨタ「C-HR」は1万8389台、ホンダ「ヴェゼル」は1万8090台という記録で、CX-30はそれに迫る売れ行きです。

 また、マツダのSUVには同じコンパクトSUVの「CX-3」もラインナップされる状況ですが、CX-30が選ばれるポイントとはいったいどんなものなのでしょうか。

 CX-30は、マツダのSUVのラインナップのなかではCX-3とCX-5の中間に位置しています。

 CX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmです。

 CX-3は全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mmなので、CX-30はCX-3より全長が120mm長く、全幅が30mm広く、全高が10mm低いサイズとなります。

 両車では全長がもっとも異なるポイントである一方、全高はCX-30のほうが低く設定されていることから、見た目のサイズ感は大きく異なり、CX-30はだいぶ立派なクルマになった印象を受けます。

 一方、上位のCX-5(全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm)に対しては、CX-30は車高の高さによる立体駐車場の制限も受けにくい、という長所があります。

 ほかにも、CX-30が選ばれる理由はあるのでしょうか。人気の理由をマツダの販売店スタッフに聞きました。

──ユーザーがCX-30を選ぶポイントとは、いったいなんでしょうか。

 まずは、最新のマツダSUVであることです。CX-30はマツダの共通デザインコンセプト「魂動デザイン」のなかでも、もっともアップデートされたデザインを採用していますし、ほかのラインナップと比べても見た目の印象から受ける目新しさが違います。

──ボディサイズの面でCX-30の上下に位置するマツダSUVとして、CX-3やCX-5があります。これらと比べて、CX-30が選ばれるポイントにはどういったものがありますか?

 CX-3やCX-5と比べて目新しさが違うことはもちろん、CX-30はボディサイズと居住性のバランスが高いレベルで取れていることはポイントかと思います。

 例えば、CX-30は運転席と助手席の左右の座席間隔が、上級車種のCX-5と同じ広さが取られています。そのため、CX-3に近い扱いやすいボディサイズでありながら、居住性はCX-5に迫るということがあります。

 CX-30とCX-3のどちらが良いのか迷われる人にCX-30の居住性のよさを訴求すると、「これは良い」と、そこが決め手となる場合もあります。

■「MX-30」も登場するが、CX-30の人気はどうなる?

 CX-30が好評となるなか、マツダでは「MX-30」という新型車の準備も進んでいます。

 MX-30のボディサイズは全長4395mm×全幅1795mm×全高1570mm(欧州仕様)で、CX-30と比べると全高が30mm高いのですが、全長と全幅は同じうえに、ホイールベースも2655mmと共通です。

 外観においては、観音開きの「フリースタイルドア」を採用していることが特徴となります。

マツダ「MX-30」マツダ「MX-30」

 当初はEV(純電気自動車)として発表され、2020年5月からは欧州向けの生産も始まっています。

 そして、国内ではEVに先駆けて、2リッターガソリン+モーターで構成されるマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID (エム ハイブリッド)」仕様が2020年秋に導入されると、同年7月31日にオートモビルカウンシル2020で発表されました。

 発売が迫るMX-30について、販売店はどのように受け止めているのでしょうか。マツダの販売店スタッフに聞きました。

──MX-30についてはどうでしょうか。

 電気自動車としてのMX-30の導入は2020年度中で、かつリース販売になると聞いています。

 2020年7月に発表のあったマイルドハイブリッド仕様は、価格を含めまだ情報が入ってきていません。

 ただ、MX-30はドアが観音開きドアの車体ですし、デザインの雰囲気も従来のマツダSUVと大きく異なります。CX-30と比べて、このスタイルがお客様に受け入れられるかはよくわかりません。

※ ※ ※

 MX-30については実際のところ販売店にどこまで情報が届いているかは不明ですが、観音開きのドアがユーザーに受け入れられるか不安の声があるところをみると、売れるかどうかという点では、多少厳しい予測を立てているのかもしれません。

 また、CX-30とMX-30はスタイルの差以上に、パワートレインの種類の差があります。

 マイルドハイブリッド仕様のみが先行して登場するMX-30に対し、CX-30は2リッターガソリン、1.8リッターディーゼル、そして新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を採用したマイルドハイブリッド仕様を用意。

 豊富なパワートレインのなかから選びやすいことからも、しばらくはマツダのコンパクトSUVの人気はCX-30に集まりそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング