「これは凄い!」トヨタ新型「ミライ」の完成度高し! センチュリー並みの高級セダン

くるまのニュース / 2020年11月2日 7時10分

2020年末頃の発売を予定しているトヨタの燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」。ひと足先にサーキット試乗を体感した辛口評論家・国沢光宏氏は「凄い凄い!」とベタ褒めの様子ですが、その理由とはなんなのでしょうか。

■新型「MIRAI」のポテンシャルはクラウン以上ややセンチュリー未満?

 トヨタ新型「MIRAI」のプロトタイプ試乗会がおこなわれたのだけれど、舞台は富士スピードウェイのショートサーキット。

 燃料電池車といえばECOカーというイメージながら、トヨタによれば「魅力的なクルマを作りました。燃料電池だってしっかり走れないと認められないと思います」。それなら遠慮せず思い切り走ってみましょう。

 ということでクルマの説明は試乗レポートに折り込みます。ドライバーズシートに座ると、何から何まで普通。

 従来型MIRAIの場合、燃料電池をシートの下に搭載していたため、乗るとポジションが高くて違和感ありました。

 プッシュボタンで起動させるとまったく音がしない。従来型はボタン押すと「カタン」とか「シュッシュッ!」みたいな音を出す。

 Dレンジをセレクトして走り出すと「あらま!」と思うくらいスムース&滑らかです。

 考えてみたらプラットフォームはレクサス「LS」を使っている。大きな容量の燃料タンクを搭載するためトヨタで一番大きなプラットフォームを選んだらLSになったとのこと。

 当然ながらコスト掛かっているが、上質感も自動的に付いてくる。超絶静かです。

 コース確認を兼ねてゆっくりと1ラップすると「凄い凄い!」。静かさと滑らかさと快適さは「センチュリー」にこそ少し届かないまでも、レクサスを含めトヨタでもっとも優れているレベル。

 従来型MIRAIは「SAI」のプラットフォームを使っていたためFFのミドルクラスの質感だったけれど、新型MIRAIは「クラウン」を圧倒しますね。かつての「セルシオ」のようなポジションです。

 乗り心地も素晴らしい。普通の金属バネを使うサスペンションながら、しっかり減衰力出ているダンパーと組み合わせているため、しなやかによく動く。カドの無い良い乗り心地です。

 センチュリーで叩かれている兵庫県知事は、ぜひ新型MIRAIを試して欲しい。このクルマならECOだし乗り心地はセンチュリーに匹敵する。

■走れば走るほど空気を浄化!? 気になるMIRAIの価格は…?

 コースの安全確認をしたので全開。するとなかなか元気。

 車重は1930kgと決して軽くないけれど(同じLSのプラットフォームを使う2ドアのLC500と同等)、レスポンスの良いモーター駆動のためアクセル踏んだら「グイ!」と加速。182馬力というモーター出力からイメージするよりずっと気持ち良く走ってくれます。

 コーナー立ち上がりでアクセル開けたら舌を噛みそうな「エアピュリフィケーションメーカー」の針が右に振り切る。

 燃料電池は水素と反応させるための空気がPM2,5などで汚れていると好ましくない。

 そこで吸入した大気を高性能フォルターで浄化しているおり、その空気を排出してます。結果的に走れば走るほど大気を浄化していく。

 今回も全開でたっぷりサーキットを走ったため、たくさん空気をキレイにしてやりました。

 ちなみに燃料電池スタックは従来型より大幅に小型軽量化され、高価な素材である白金の使用量を半分以下にしている。

 生産効率も高くした結果、大幅なコストダウンが出来たそうな。新しい技術のためドンドン進化していきますね。

ただのECOカーではない!? 新型「MIRAI」は走行性能も申し分ない!ただのECOカーではない!? 新型「MIRAI」は走行性能も申し分ない!

 空気をキレイにするとなればフルアタックでしょう。

 圧倒的にシャシ性能が高いため、ブレーキ掛けてもハンドル切っても余裕。高い性能を持つ20インチタイヤ採用グレードだとシャープに走り、19インチタイヤ採用グレードは穏やかに曲がっていく。

 絶対的なグリップ性能からすれば19インチタイヤがちょうど良い感じ。お好みで。

 後輪駆動のためステアリングフィールは素晴らしく素直。いや、今や前輪駆動ですらまったく気にならないレベルになっているけれど、やはり何か違う。

 ウエット路面も試乗したが、「気持ちよ~く」曲がって行く。20インチ車はスイッチ押すと電子的な走行音も出せるようになっており、横滑りするとそれなりの音がして楽しい。

 気になる価格は19インチのベースグレードで限りなく700万円に近い700万円台。

 20インチでリアシートの装備を加えた最上級グレードは限りなく800万円に近い800万円台になるようだ。

 補助金の額が決まっていないけれど、仮に150万円出るとすればクラウンの最上級グレードと大差ない。これはお値打ちかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング