ルノー「5(サンク)」がEVで復活! ルノーの事業戦略計画「RENAULUTION」発表

くるまのニュース / 2021年1月16日 11時50分

仏グループ・ルノーは2021年1月14日、今後5年の事業戦略計画「RENAULUTION」をオンラインで発表した。これによると主力となるルノーブランドで、2025年までに新たに14モデルの基幹車種を発売するという。

■2025年までに7車種のフルEV、7車種のC/Dセグメントの新型車を発表

 仏グループ・ルノーは2021年1月14日、今後5年間の事業戦略計画「RENAULUTION」をオンラインで発表した。ルノーグループの主力となるルノーブランドでは、2025年までに新たに14モデルの基幹車種を発売する。

 RENAULUTIONでは、従来の拡大路線から転換、今後は質を目指すことで、これからの自動車産業の大きな変革と対峙していくと発表された。今後、技術やサービス、クリーンエネルギーのブランドになることで、自動車業界に現代性をもたらしていく。

 グループ・ルノーCEO、ルカ・デメオ氏は「ルノーでは、EVのリーダーシップという立場をさらに強化し、また水素にも投資することで、2025年までに欧州でもっとも環境に配慮したメーカーを目指します」とコメントしている。

 今後登場する具体的なニューモデルとしては、2025年までにフルEV(BEV)モデルを7車種、CセグメントおよびDセグメントのモデルを7車種、計14車種を投入する予定だ。また同年までに上位セグメントが売上高の45%を占めることを目指す。

 登場するニューモデルはすべて、EVもしくはプラグインハイブリッド(PHEV)、および「e-TECH」と呼ばれるハイブリッドの電動化モデルとなる予定だ。

 EVに関しては、ルノーはヨーロッパのEV市場のリーダーであり、10年以上前からすでに30万台以上を販売している。その競争力を活かし、登場する新型EVはエンジンモデルと同様の手の届く価格帯を目指していくという。

 その象徴するモデルとして登場したのが「ルノー5(サンク)プロトタイプ」だ。

2011年1月14日に発表されたルノーの事業戦略計画「RENAULUTION」。そのプレゼンテーションでの新型ルノー「5(サンク)」コンセプトとグループ・ルノーCEO、ルカ・デメオ氏2011年1月14日に発表されたルノーの事業戦略計画「RENAULUTION」。そのプレゼンテーションでの新型ルノー「5(サンク)」コンセプトとグループ・ルノーCEO、ルカ・デメオ氏

 ルノー5とは1972年に発売されたモデルで、実用性の高さと優れたデザインのため、登場してまもなく欧州でベストセラーとなった伝説のBセグメントハッチバックだ。1984年には2代目にフルモデルチェンジ、1990年に後継モデル「クリオ(日本名:ルーテシア)」が登場するまで人気を誇っていた。

 今回登場したプロトタイプは、そんなルノー5を現代にアレンジ、100%電気モデルとして復活させた。

 このルノー5プロトタイプは、一見するだけで過去のモデルを認識することができるが、ライトやフロントデザインなどを現代的にしたおかげで、新しさも強調されている。ボンネットのエアインテークは充電ハッチを隠し、バンパーのフォグランプはデイタイムランニングに代わっている。またサイドグリッドやホイール、リアロゴは、オリジナルの「5」を彷彿とさせる。

 ルノーのデザインディレクター、ジル・ヴィダル氏は「ルノー5プロトタイプのデザインは、過去の世界的に有名なカルトモデルであるオリジナルR5に基づいています。このプロトタイプは都会的で魅力的な、そんな時代の現代性を体現しています」とコメントしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング