1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

燃費向上! BMW「X5/X6/X7」ディーゼルモデルに48Vマイルド・ハイブリッドを搭載

くるまのニュース / 2021年2月25日 19時10分

BMW「X5」、「X6」、「X7」のディーゼルエンジンを搭載したモデルに、48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーが搭載されることになった。燃費はどれほど向上したのだろうか。

■WLTCモードで最大1.1km/L向上した燃費

 BMWは、BMW「X5」、「X6」、「X7」のクリーン・ディーゼルエンジン搭載モデルに、48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載することを発表した。

●48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーとは?

 搭載される「48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジー」は、とくに高い能力で制動エネルギー回生を行う48Vスターター・ジェネレーターと、それによって発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成されている。

 48Vバッテリーは電装品に電力を供給するだけでなく、電力をスターター・ジェネレーターに戻し、スターター・ジェネレーターが電気駆動システムとして作動することで駆動力をアシストするためにもエネルギーを供給し、内燃エンジンの負荷を軽減するとともに、効率を最適化する。

 さらに、ジェネレーターは電気を使って加速をブースト(最大8kW/11ps)することで、発進時および加速中にダイナミックな出力特性をサポート。また、コースティング機能も採用することによっても、燃費効率が高められている。モデルによって異なるものの、燃料消費率は、WLTCモードで最大1.1km/L向上した。

 これにより、「X5 xDrive35d」と「BMW X6 xDrive35d」の燃費(WLTC)はともに12.4km/L、「X7 xDrive40d」の燃費(WLTC)は11.9km/Lに高められている。

●X7 xDrive40dに新直6エンジン搭載

 BMW「X7 xDrive40d」は、48Vマイルド・ハイブリッド・システムの搭載とともに、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー採用の新開発の直列6気筒クリーンディーゼルエンジンが搭載となった。

 直列6気筒エンジンに初めてマルチステージ・ターボチャージャーを採用することでシステムを最適化し、ピエゾインジェクションによる最新のコモンレール・ダイレクトインジェクションを採用し、パフォーマンスと効率が高められた。

 この結果、最高出力は現行モデルの「X7 xDrive35d」より75psアップの34ps、最大トルクは同80Nmアップの700Nmとなり、パフォーマンスと効率性が大幅にアップした。

 48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載する「X5」、「X6」、「X7」のクリーンディーゼルエンジン搭載モデルの車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

・BMW X5 xDrive35d:945万円
・BMW X5 xDrive35d M Sport:1043万円
・BMW X6 xDrive35d:997万円
・BMW X6 xDrive35d M Sport:1081万円
・BMW X7 xDrive40d:1114万円
・BMW X7 xDrive40d Pure Design Excellence:1250万円
・BMW X7 xDrive40d M Sport:1286万円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング