1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ新型「86」は9年ぶり全面刷新でどう進化? スバル新型「BRZ」との細部の違いは?

くるまのニュース / 2021年4月6日 14時50分

トヨタは新型「GR86」を2021年4月5日に世界初公開しました、同日に新型BRZの国内仕様も公開されましたが、どんなFRスポーツカーになるのでしょうか。

■2.4リッター水平対向エンジンを搭載

 トヨタは2021年4月5日にスバルと共同開発した新型FRスポーツカー「GR86」を世界初公開しました。あわせて、共同開発によって誕生したスバル新型「BRZ」の国内仕様も初公開されています。

 9年ぶりのフルモデルチェンジを受ける新型GR86と新型BRZは、どんなFRスポーツカーとして登場するのでしょうか。公開された、両車のプロトタイプを見ていきます。

 新型GR86と新型BRZのボディサイズ(以下、2021年4月現在公表されている諸元はすべて開発目標値)は、ボディサイズが全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm。

 ホイールベースは2575mmで、車両重量は1270kg(6速MT車)とされています。

 搭載されるエンジンはスバル伝統の水平対向エンジンで、先代モデルの2リッターから排気量がアップ。2.4リッターエンジンが採用されました。

 最高出力は235馬力、最大トルクは250Nmを発揮。トランスミッションは6速MTと6速ATが設定されます。

 今回公表された新型GR86と新型BRZの違いとしては、シャシ、エンジン、パワーステアリングの制御がトヨタ仕様とスバル仕様で分かれるほか、フロントバンパーのデザインやエンブレムの違い、内装の違いが存在。

 また、細かい部分ではドアミラーカバー色が新型GR86ではグロスブラックであるのに対し新型BRZはボディカラー同色であること、リア・リアサイドのプライバシーガラスの採用・非採用 (新型GR86は素通し、新型BRZはプライバシーガラス)、液晶メーターの演出の違いなどがある模様です。

 両車の発売時期は、新型GR86は2021年秋、新型BRZは2021年夏が予定されています。

 それではここでクイズです。

 スバルは長年水平対向エンジンの開発・製造に携わっていますが、次のスバル車のなかで水平対向エンジンを搭載していないクルマはどれでしょうか。

【1】レヴォーグ

【2】インプレッサスポーツ

【3】XV

【4】シフォン

※ ※ ※

 正解は【4】の「シフォン」です。

 2021年現在、スバルは自社開発した登録車すべてに、水平対向エンジンを搭載していますが、OEM供給を受ける軽自動車やコンパクトカーでは直列エンジンを採用。

 シフォンはダイハツから供給を受ける「タント」のOEM車で、660ccの直列3気筒自然吸気/ターボエンジンが搭載されます。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング