1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スーパーEV対決! ポルシェ「タイカン」とはどう違う? 日本上陸した電動4ドアクーペ アウディ「e-tron GT」とは

くるまのニュース / 2021年4月13日 11時50分

2021年4月6日、アウディの4ドアクーペ電気自動車(EV)「e-tron GT」が日本で発表された。EV初のRSモデルも用意するアウディのフラッグシップ電動モデルとなるが、同じセグメントにポルシェ初のEVモデル「タイカン」が存在している。タイカンとe-tron GTは同じプラットフォームを用い基本コンポーネントを共用する、いわば兄弟モデルという関係になるが、2台にはどんな違いがあるのだろうか。

■ポルシェとアウディの新型電動4ドアグランツーリスモ

 アウディの新型EV「e-tron GT」が、2021年4月6日に日本でも発表された。

 e-tron GTは、アウディから発売される日本で2番目のEVモデルであり、これからのアウディのブランドアイコンとなる存在だ。日本での正式な発売は2021年秋が予定されている。

 また、日本での発売はスタンダードな「e-tron GT quattro(クワトロ)」とハイパフォーマンス版の「RS e-tron GT」の2モデル。車両価格は、e-tron GTクワトロが1399万円、RS e-tron GTが1799万円となる予定だ。

 まず、e-tron GTの基本的なキャラクターは名称のとおり、4ドアのグランツーリスモだ。長距離を快適に移動するための優れた乗り心地と快適なキャビン、そしてパワフルな4WD電動パワートレインを備える。また、内装にリサイクル素材を使用し、カーボンニュートラルを実現する工場で生産されるのも特徴だ。サスティナブルな未来を志向するアウディのブランドアイコンとして、環境に配慮することが強調されているのだ。

 ロー&ワイド、そしてエレガントな4ドアボディの寸法は、全長4990mm×全幅1965mm×全高1415mm(RSモデルは1395mm)。六角形のシングルフレームグリルやクワトロ・ブリスターフェンダーなど、アウディらしいディテールも備える。また、Cd値0.24という優れた空力性能を有することも特徴だ。

 インテリアには、レザーフリーをコンセプトに、ペットボトルや漁網などからのリサイクル素材を使用。2900mmというロングホイールベースが生み出す室内空間は広々としており、リアシートであっても大人2人が悠々と寛ぐことができるだろう。また、ラゲッジスペースは405リッター(RSモデルは350リッター)が用意されている。

 前後のアクスルに配置されたふたつのモーターのシステム出力はe-tron GTが350kW(約476ps)、RS e-tron GTが440kW(約598ps)で、ローンチコントロール仕様時は390kW(約530ps)と475kW(約645ps)を発生。最大トルクはそれぞれ640Nmと830Nmになる。

 ローンチコントロール使用時の0-100km/h加速は、RS e-tronで3.3秒。搭載するバッテリーは93kWhだが、実際の使用は84kWhになる。航続距離はWLTCモードで500km以上となる予定だ。

 ユニークなところは、電子音を低速走行時などに車内外に発するe-tronスポーツサウンドをオプションで用意したこと。日本でいう車両接近音がe-tron GTにも準備されているのだ。

アウディ「RS e-tron」の走りアウディ「RS e-tron」の走り

* * *

 e-tron GTの最大のライバルとなるのはポルシェのEVサルーンとなるポルシェ「Taycan(タイカン)」だ。

 e-tron GTとタイカンは、じつは同じプラットフォームを採用した電動モデルで、いわば兄弟車という関係になる。続いては、e-tron GTとタイカンの違いに迫ってみたい。

■ポルシェ「タイカン」はバリエーションが豊富

 ポルシェ・タイカンのボディサイズは全長4963mm×全幅1966mm×全高1379mm、ホイールベース2900mmであり、e-tron GTと非常に似通っている。ただし、タイカンには実用性を高めた「Cross Turismo(クロスツーリスモ)」と呼ぶボディバリエーションが用意されているのが大きな違いだろう。

ポルシェ「タイカン ターボS」の走りポルシェ「タイカン ターボS」の走り

 e-tron GTと同じように、タイカンも前後のアクスルにひとつずつ、合計ふたつのモーターを備える4WDのEVだ。ただし、タイカンにはシステム最高出力240kW(326ps)、最大トルク345Nmの「タイカン」、320kW(435ps)・640Nmの「タイカン4S」、460kW(625ps)・850Nmの「タイカンターボ」、460kW(625ps)・1050Nmの「タイカンターボS」というワイドバリエーションを誇る。

 さらにローンチコントロール使用時には、最高出力がタイカンは300kW(408ps)、タイカン4Sは390kW(530ps)、タイカンターボは500kW(680ps)、タイカンターボSは560kW(761ps)までそれぞれブーストされる。

 最強モデルとなるタイカンターボSの0-100km/h加速2.8秒は、RS e-tron GTの3.3秒をしのぐ速さだ。

 さらにタイカンは、2021年からリアアクスルだけにモーターを搭載する後輪駆動モデルも追加しており、ボディバリエーションに続き、パワートレインでも多彩さがタイカンの特徴といえるだろう。

 タイカンが搭載するバッテリーは79.2kWh(使用は71kWh)と93.4kWh(使用は83.7kWhまで)の2種類があり、航続距離はスタンダードのタイカンで、79.2kWhの電池の場合が354kmから431km、93.4kWhの場合、407kmから484kmとなる。

 航続距離では、500km以上を予定するe-tron GTが勝りそうな気配だ。

 タイカンのラゲッジスペースは、フロントとリアの2か所にある。フロントの容量は81リッター84リッター、リアが最大407リッタ−。リアのみのe-tron GTと比べると、フロントの分だけタイカンの方がラゲッジスペースは大きい。

 また、リサイクル素材を利用するレザーフリー内装は、タイカンでも選択可能だ。

 タイカンの価格は、スタンダードのタイカン後輪駆動モデルが1171万円。4Sで1448万1000円、ターボが2023万1000円、ターボSで2454万1000円となる。

 モデル・バリエーションを広く用意するタイカンだけあって、e-tron GTクワトロよりも安いエントリーモデルから、さらにRS e-tron GTよりも高額なハイパフォーマンスモデルまでが存在している。

この3月8日から予約受注が開始されたポルシェ「タイカン クロスツーリスモ」この3月8日から予約受注が開始されたポルシェ「タイカン クロスツーリスモ」

 e-tron GTとタイカンを比較してみると、タイカンのバリエーションの豊富さが目立つ。逆にいえば、この豊富なバリエーションがあるからこそ、タイカンは2020年に世界で2万台以上を販売することができたのだろう。

 アウディのe-tron GTも、タイカンのようにバリエーションを追加していくのか? 今後の動向に注目したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング