1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

アウディ「Q5スポーツバック」日本初登場!高性能「SQ5スポーツバック」も同時導入

くるまのニュース / 2021年7月14日 17時40分

アウディジャパンは2021年7月14日、プレミアムミッドサイズSUV「Q5」に新たにクーペのようなスタイリングを特徴とするモデル「Q5スポーツバック」を追加、同年8月17日より発売します。

■スタイリッシュクーペSUVながら室内空間は広々

 アウディジャパンは2021年7月14日、プレミアムミッドサイズSUV「Q5」に新たにクーペのようなスタイリングを特徴とするモデル「Q5スポーツバック」を追加、同年8月17日より発売します。

 Q5スポーツバックは、A5スポーツバックやA7スポーツバックで定評のある流麗なクーペデザインをSUVモデルに展開したもので、SUVとしてはe-tronスポーツバック、Q3スポーツバックに続き3番目のモデルとなります。ドイツ本国では2020年9月に発表されています。

 ボディサイズはQ5と比べて全長はプラス15mmの4695mm、全幅は1900mmと変わらず、全高はマイナス5mmの1660mmというサイズです。ホイールベースは2825mmと変わりません。クーペスタイリングにもかかわらず、リアの居住空間の減少はほとんどないといいます。

 またラゲッジスペースの容量もQ5の520リッターに対しQ5スポーツバックは510リッターとほとんど変わりません。また最大荷室容量はQ5の1520リッターに対しQ5スポーツバックは1480リッターとなります。

 インテリアは今春モデルチェンジしたQ5と同様、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用。10.1インチにサイズアップしたセンタースクリーンは、タッチパネル式になり操作性の向上が図られたとともに、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現しています。

 ネットワーク接続はSIMカードではなく、eSIMを用いておこなわれます。またシート素材は、advancedグレードはスタンダード仕様、S line(Sライン)グレードはマイクロファイバースエードの「ダイナミカ」とレザーのコンビネーションになります。さらにadvancedグレードには、ドアアームレストやセンターコンソールにアーティフィシャルレザーを用い、リアシートヒーターなどを採用した「ラグジュアリーパッケージ」を設定しています。

 パワートレインは、最高出力204馬力・最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒直噴ターボディーゼルエンジン(TDI)にベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を採用。AWDクラッチ付きquattro(クワトロ)四輪駆動システムと7速Sトロニック(7速DCT)を組み合わせています。

 システムが4WD走行を不要と判断した場合、AWDクラッチによりプロペラシャフトと、リアディファレンシャル内のデカップリングクラッチにより、リアドライブシャフトをそれぞれ切り離すことで、前輪のみを駆動します。またBASによりコースティング(惰力走行)時にはエンジンを完全停止するなど、燃費を抑制しながら快適なドライビングを実現します。

■354馬力・500Nmの高性能バージョン「SQ5スポーツバック」も用意

 また、高性能バージョンの「SQ5スポーツバック」も用意されます。こちらは354馬力・500Nmを発生する3リッターV型6気筒ターボエンジン(TFSI)を搭載、8速ティプトロニック(8速AT)を組み合わせています。

アウディ新型「SQ5スポーツバック」アウディ新型「SQ5スポーツバック」

 SQ5スポーツバックはアルミニウムルックインサートを施したSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルを採用。シート素材はダイナミカ/レザーのコンビネーションを標準装備としています。

 SQ5スポーツバックは機械式センターディファレンシャルを搭載するクワトロと、ダンピングコントロール機能付きSスポーツサスペンションにより、ダイナミックなハンドリングと上質な乗り心地を両立しているといいます。足元には5ツインスポークデザインの20インチアルミホイールを標準装着、オプションで21インチホイールも選択できます。SQ5スポーツバックのみ右/左ハンドルを選べます。

Q5スポーツバックシリーズ車両価格(消費税込)

・Q5スポーツバック 40TDIクワトロ advanced 729万円
・Q5スポーツバック 40TDIクワトロ Sライン 787万円
・SQ5スポーツバック 967万円

 また、Q5スポーツバック導入を記念して、限定車「1st edition」を発売します。40TDIクワトロ Sラインをベースとし、通常Q5スポーツバックにはオプション設定のないマトリクスOLEDリアライトを特別装備。さらにコントラストペイントやコントラストカラーの20インチホイール、ダンピングコントロール付きサスペンション、ファインナッパレザーなどを採用しています。

 コミュニケーションカラーのウルトラブルーメタリックが130台、グレイシアホワイトメタリックが100台、合計230台の限定となり、車両価格は837万円です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング