1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

超楽しいFRスポーツ誕生! トヨタ新型「GR86」をサーキットでアクセル全開! 実力はいかに?

くるまのニュース / 2021年7月17日 12時0分

2021年にフルモデルチェンジするトヨタ「86」とスバル「BRZ」のプロトタイプにひと足お先に試乗しました。排気量がアップして2.4リッターエンジンを搭載するFRスポーツカーは、どのような走りを見せたのでしょうか。

■全面刷新で2.4リッターエンジン搭載! 実力は?

 トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツカー「86」と「BRZ」がフルモデルチェンジして間もなく2代目となる新型モデルが登場する。

 正式な発表まで秒読みの段階になった新型86(新型はGR86という車名になる)と新型BRZのプロトタイプ試乗会が、袖ケ浦サーキットでおこなわれた。

 まずは新型GR86に早速乗り込んでみたい。一体どんなクルマになっているんだろうか。

 人気になりそうな6速MTモデルに試乗。クラッチを踏んでプッシュボタンを押すとエンジン始動。先代モデルに比べて静かな始動音になっていると思いきや、そうでもない。

 後で聞いたのだけれど、2022年から厳しい騒音規制が始まるため徹底的な対策をおこなったとのこと。

 ただし、それだと楽しさや個性も薄れてしまうため、ダッシュボードのなかにスピーカーを仕込み、そこから疑似エンジン音を出しているという。このシステム、案外良い仕事をしてます。

 クラッチを踏んでシフトを1速に入れてスタートします。シフトフィールもクラッチミートフィールも良好! このあたり、基本は先代と同じメカニズムを使うため、作り込みが進んでいるんだと思う。

 腕利きのドライバーだけでなく、「初めてのMT」というような人ですら容易に操作できるだろう。

 走り出してすぐ驚くのはパワーフィール。新型GR86・新型BRZは排気量にして20%大きくなっているため予想していたけれど期待値以上に力強い。2000回転くらいからアクセルを踏み込むと、グイグイ加速していく。

 初代86に搭載されていた2リッター水平対向エンジンは、どちらかといえば回転数上げてパワーを稼ぐタイプ。低い回転数から頼もしいトルクが出てくる感じではなかった。

 それが、新たに2.4リッター水平対向エンジンを搭載した新型モデルだと2速でも3速でも2000回転くらいからキッチリ加速していくのだ。

■0-100km/h加速は先代比マイナス1.1秒!

 サーキット走行の基本は最初のラップを抑えて走ること。この間に基本的なクルマのチェックも出来る。

 公道なら少し速いくらいのペースでコーナーに入っていくと、初代モデルより明らかにボディの剛性感が増している。

 こういうふうにいうと、皆さんから「剛性感って何ですか?」と聞かれる。これはもう、食べ物でいえば「美味しさ」です。

2代目へとフルモデルチェンジする新型GR86&新型BRZ(プロトタイプ)2代目へとフルモデルチェンジする新型GR86&新型BRZ(プロトタイプ)

「一皿100円の回転寿司と、それなりの予算を必要とする美味しいお寿司の違いを文字で表現して」といわれたって難しい。剛性感も同じ。あくまで“感”だから“美味しさ”のように感性です。

 強いていえばハンドル切ってから車体の向きが変わるまでの短い時間に感じる応答性の良さや、ボディの一体感のようなもの。

 安い包丁でも野菜は切れるけれどグンニャリした感じ。高い包丁使うと気持ち良く切れる。

 初代モデルの場合、十分に気持ち良く切れるレベルの高い包丁だったけれど(同じ日に初代も試乗したが超楽しかった!)、それよりさらに良くなったと考えていただけたら嬉しい。

 ボディもサスペンションもエンジンも「いいね!」なので、いよいよ全開!

 各ギアをレッドゾーンまで引っ張っていくと、前述の「アクティブサウンドコントロール」というエンジン音発生装置がイイ感じでインフォメーションを出してくれる。

 慣れてくるとホンモノのエンジン音と同じく、音の変化でレッドゾーンに入る雰囲気を掴めるほど。考えてみたらエンジン音って周囲に迷惑掛けるだけの自己満足行為。ほかのクルマも新型GR86のようにすべきなんだろう。

 そして絶対的な動力性能は初代モデルを圧倒している。メーカー自身で公表している0-100km/h加速タイムを見ると、「少し速いね!」というイメージだった7.4秒から、新型モデルは6.3秒へ1.1秒も縮めてきた。

 ラリーでいえば200mくらいの直線1本で1秒速いということ。これだけ違うと勝負にならないくらいのタイム差が出てくる。筑波サーキットで走らせたって2秒以上違うのではないだろうか。

 ハンドリングは初代の初期モデルとよく似ている。2速ギアで曲がるようなタイトなコーナーだとアンダーステア。速度を抑え気味にしないと曲がってくれない。

 3速ギアで曲がる中速コーナーになると、ハンドル切っただけでテールが流れていくオーバーステア傾向になる。本来なら2速も3速も同じ感じで曲がって欲しいところ。

 その味を出すのは難しい。先代モデルの場合、3回くらいの改良を受け、2速のアンダーステアが無くなった。最終モデルは後輪駆動車のお手本のように曲がってくれます。

 新型GR86はそこまで煮詰まっていない。とはいえ今回はサーキットで走らせるというクルマの限界を超えてからの挙動だから、一般道で不満を感じることはないと思う。むしろ積極的に「楽しい!」と感じるに違いない。

 気がついたら試乗会ということを忘れており、素のクルマ好きになってサーキットを走っていました。

 時間が許す限りいつまでも走っていたいと思えるほど、新型GR86は楽しいクルマに仕上がっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング