1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

199万円からのトヨタ新型「カローラクロス」発売! 179万からの「ヤリスクロス」と何が違う?

くるまのニュース / 2021年9月16日 14時10分

カローラシリーズ初となるSUVのトヨタ「カローラクロス」が2021年9月14日に発売されました。トヨタには似たパッケージのSUVとして「ヤリスクロス」がラインナップされますが、どのような違いがあるのでしょうか。

■カロクロとヤリクロ、ボディサイズ・荷室・価格何が違う?

 トヨタは2021年9月14日に、カローラシリーズ初となるSUV「カローラクロス」の発売を正式発表しました。
 
 同じくトヨタでは「ヤリスクロス」というヤリスシリーズのSUVもラインナップしていますが、両車にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 カローラシリーズは1966年の誕生以来、常にユーザーの期待を超える「プラスα」の思想をもとに進化を重ね、これまでのグローバル累計販売台数は5000万台を超える人気シリーズです。

 販売台数においても、1966年の初代モデル登場から2001年にホンダ初代「フィット」に抜かれるまで33年間連続で1位になるなど圧倒的な人気を誇りました。

 また、バブル景気に沸く1987年5月に発売された6代目「カローラ」は「クラスを超えた世界のハイクオリティセダン」をテーマに、1990年には車名別年間新車販売台数で30万8台を記録。

 この記録は、2010年にトヨタ「プリウス」が31万5669台で抜くまで歴代最高となっており、2012年には同じくプリウスが31万7675台として記録を更新しています。

 このように昔から人気モデルだったカローラは、常にユーザーのニーズを捉えるボディタイプを設定するなどして進化を続けており、最近ではSUVへのニーズが高まったことで、新型カローラクロスが新たに投入されたのです。

 一方、ヤリスシリーズならびヤリスクロスの歴史はまだ始まったばかりで、 コンパクトカーのヤリスは、2019年10月16日に世界初公開。2020年2月10日に日本で発売。

 ヤリスクロスは、2020年4月23日に世界初公開され、同年8月31日に日本で発売されました。

 ヤリスはそれまで日本では「ヴィッツ」として販売されていましたが、現行モデルのフルモデルチェンジ時でグローバルで用いられるヤリスに統一されました。

 なお、日本での販売台数は、ヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスを合算したものとなっており、2021年8月では合算台数が1万8476台(登録車1位)となり、おおよその割合はヤリス5割、ヤリスクロス4割、GRヤリス1割となっています。

 一方、カローラシリーズの販売台数では、現行の12代目として「カローラスポーツ」「カローラ」「カローラツーリング」に11代目「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」が合算されており、新型カローラクロス発売後はこのカローラシリーズに合算されると見られます。

 このように歴史の長さこそ違いますが、現在のトヨタにおいてシリーズとしてラインナップするのは共通する部分といえます。

 そして、カローラクロスとヤリスクロスでは、SUVタイプ、近しいボディサイズなどさらなる共通点が挙げられます。

 デザイン面では、カローラクロスは「アーバン・アクティブ」をデザインコンセプトとした、SUVらしいダイナミックで洗練されたデザインが採用されています。

 とくに伸びやかなデザインを施したアッパー部と、ワイドなバンパー部のデザインが都会的かつ堂々としたプロポーションを実現しています。

 一方のヤリスクロスは「丈夫」や「たくましい」という意味の「Robust(ロバスト)と、「最小限の」という意味の「Minimalist(ミニマリスト)」を合わせた「ロバスト&ミニマリスト」思想のもとデザインされ、アクティブで洗練されたポロポーションが追求されています。

 カローラクロスと比較すると、サイズ感も相まってヤリスクロスのほうが愛嬌があり、丸みを帯びたデザインとなっています。
 
 ボディサイズでは、カローラクロスが全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmのCセグメントSUVとなり、ヤリスクロスは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmのBセグメントSUVです。

 また、室内のサイズでも違いが存在し、トヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「カローラクロスはCセグメントSUVとなり、数あるSUVラインナップではコンパクトの部類に入ります。

 しかし、ヤリスクロスはさらに小さなBセグメントSUVとなり、サイズに比例して室内空間はカローラクロス、取り回しはヤリスクロスと異なります。

 そのため、おおまかに独身や夫婦であればヤリスクロス、ファミリーなどはカローラクロスと棲み分けが出来ると思います」

■パワートレイン、燃費、価格、ライバルはどんな感じ?

 パワートレインでは、カローラクロスに1.8リッター直列4気筒エンジンを搭載するガソリン車とモーターと組み合わせたハイブリッド車を設定。カタログ燃費(WLTCモード)は14.4km/Lから26.2km/Lとなっています。

 駆動方式は2WDと電気式4WD(E-Four)となり、ガソリン車に4WDの設定はありません。

 ヤリスクロスは、1.5リッター直列3気筒エンジンを搭載するガソリン車とモーターと組み合わせたハイブリッド車を設定。カタログ燃費(WLTCモード)は18.8km/Lから30.8km/Lです。

 駆動方式は、ガソリン車とハイブリッド車に2WDと4WDが用意され、ハイブリッド車では2WDと電気式4WD(E-Fourを設定。)

オフロード性能も自慢の「ヤリスクロス」オフロード性能も自慢の「ヤリスクロス」

 それぞれの車両価格は、カローラクロスのガソリン車が199万9000円から264万円。ハイブリッド車が259万から319万9000円です。

 ヤリスクロスのガソリン車は179万8000円から244万1000円。ハイブリッド車が239万4000円から281万5000円です。

 カローラクロスとヤリスクロスについて、ユーザーからの反響はどうなのでしょうか。前出とは別のトヨタ販売店は次のように説明しています。

「カローラクロスは8月21日から先行予約を開始しており、好調な予約台数となっていました。9月14日の発売以降はニュースなどを見たお客さまから問合せが多く入っています。

 カローラというブランドだから関心を持ったという人もおり、長年愛されるカローラブランドは健在なのだと思いました。

 トヨタ内ではヤリスクロスとRAV4、他社ではホンダ『ヴェゼル』や日産『キックス』、マツダ『CX-30』と比較される人がいらっしゃる印象です」

※ ※ ※

 トヨタでは、前述のカローラクロス、ヤリスクロス以外に「ライズ」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」「ランドクルーザープラド」「ランドクルーザー」と多くのSUVが存在します。

 それぞれが異なるニーズに対応する特徴を持っており、現在のトヨタは「SUV王国」といえそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング