1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

2022年以降のホンダF1活動どうなる? 日本人選手の登場は今後も期待できるのか

くるまのニュース / 2021年10月16日 16時10分

2021年10月7日、ホンダが2022年以降のモータースポーツ活動に関する発表をおこないました。ホンダが供給するF1パワーユニットに関することだけでなく、今後の日本のモータースポーツ発展に関する内容も発表されたといいますが、どんな内容だったのでしょうか。

■2022年シーズンのF1にホンダはどう関わる?

 ホンダが2021年10月7日、「Honda モータースポーツ活動について」と題したオンライン記者会見を開きました。

 事前に具体的な内容は明らかになっていませんでしたが、時期としてはF1後半戦の中盤ということで、来年度以降のF1エンジン供給に関することではないかと、メディアのなかで囁かれていました。

 ホンダは2020年10月2日に、2021年シーズンをもってF1へのワークス活動を終了し、それ以降のパワーユニットの使用についてはレッドブル・グループとの協議を進めるとしていたからです。

 今回明らかになったのはやはり、ホンダが日本国内で組み立てるF1用パワーユニット技術を、レッドブル・レーシングが2022年以降のF1参戦に使用することを許諾するというものでした。

 そのうえで、ホンダはレッドブル・レーシング傘下のスクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングのF1参戦活動を支援します。

 現地サポートについては、これまでホンダが英国内での拠点としてきたホンダ・レーシング・ディベロップメントUKの全従業員がレッドブル・パワートレインズに転籍します。

 こうした新体制によって、ホンダは2022年以降、レッドブル・グループのF1参戦活動に対するテクニカルパートナーという位置付けになります。

 そのため、パワートレインについてホンダの名前が残る可能性は低く、正式名称についてはレッドブル・グループが決める権利を有します。

 もう1点、今回の会見で発表されたのが、ホンダのモータースポーツ領域をHRC(株式会社ホンダ・レーシング)に集約するという組織変更です。

 HRCといえばこれまで、ホンダ二輪レース活動の中核でしたが、ここに四輪レース活動を吸収する形です。

 組織変更の理由としてホンダが挙げたのは、二輪・四輪の分野でそれぞれ持っている技術とノウハウを相互で連携することで運営の効率化を図るという点です。HRCではF1のみならず、スーパーGTやスーパーフォーミュラなど全ての四輪モータースポーツへの対応を行います。

 ここ数年で、ホンダは量産化領域において、二輪と四輪それぞれで本田技研工業(本社)と本田技術研究所(研究所)で分かれていた体制を見直し、四輪の一部領域を除いて本社機能に集約するという大規模な組織改革を行ってきました。

 そうした社内組織体制の変化の波が、モータースポーツ領域にも影響を与えたといえるのではないでしょうか。

 そのほかの視点で、日本にとってのモータースポーツ発展に向けて必要不可欠なのが、世界で活躍できる優秀な日本人ドライバーの育成です。

 この点については、ホンダはこれまで通り、ホンダの育成プログラム「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」とレッドブル・グループが主催する「レッドブル・ジュニアチーム」との連携を維持することで合意しています。

 角田裕毅選手に続く、日本人フルタイムF1ドライバーの誕生を期待したいと思います。

■2021年日本GPではRA272のカラーをイメージしたマシンが走る予定だった

 その角田選手もシーズン前から参加を楽しみにしていた、「2021 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース(2021年10月8日~10日)」が、新型コロナウイルス感染症の影響で中止が決定しました。

 鈴鹿サーキットを運営するホンダ傘下の株式会社モビリティランドは、関係省庁、三重県、鈴鹿市、日本自動車連盟、近隣の病院施設やホテルなどからの協力を受け、海外関係者の入国受入れに伴う、防疫対策、輸送計画、査証申請などの準備をしてきましたが、最終的に大会開催に結びつくことができませんでした。

 F1日本グランプリレース中止について、日本自動車工業会の豊田章男会長は2021年9月18日に鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久シリーズ第五戦に自らドライバーとして参加した際に記者会見し、「五輪が許されても、二輪(MOTO GP)や四輪(F1)が許されないことに不公平を感じる」と、日本におけるモータースポーツの現状について厳しい意見を述べています。

 今回の会見で、筆者からホンダ側に、改めてF1日本グランプリ中止に対する受け止めを聞きました。

 これに対して、本田技研工業の執行役、ブランド・コミュニケーション本部の渡辺康治本部長は「ホンダとしてF1参戦最終年だったことで、とても悔しい。(ホンダF1としての)最後の姿を日本のファンにお見せしたかった。(開催はかなわないが)ファンの皆さんに少しでも日本ブランプリ(の雰囲気)を体験して頂けるよう、バーチャル開催企画を用意した。

 また、レッドブル側と協議し(本来は鈴鹿でお披露目するはずだった60年代にホンダF1初優勝した) RA272をイメージした白と赤のカラーリングマシンが(当初の日本グランプリ開催日であるトルコグランプリ)で走る。(開催できなくて)本当に残念だ」と心の内を表現しました。

RA272RA272

※ ※ ※

 ホンダは「2040年のグローバルで新車100%EVまたはFCV(燃料電池車)」を含めた2050年カーボンニュートラル実現に向けて、F1撤退などにより技術と人材のリソースの再配分をおこなっています。

 ホンダにとって、F1ワークス活動ラストイヤーとなる今シーズン、ドライバーとコンストラクターでチャンピオンに輝くことが、次世代ホンダに向けた大きなエネルギーになることは間違いありません。

 F1終盤戦での、角田選手を含めたホンダF1のさらなる活躍を期待したいです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング