1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ホンダ新型「インスパイア」生産開始! 新顔採用でスポーツ感強調 「32年間の洗練」掲げて11月中国発売へ

くるまのニュース / 2021年10月21日 9時10分

2021年10月15日に、ホンダの中国における合弁会社「東風ホンダ」が新型「インスパイア」の生産を開始したと発表しました。日本では2012年に歴史に幕を降ろしたインスパイアですが、現在中国ではどんな位置づけのモデルになっているのでしょうか。

■「アコード」の姉妹車として中国でラインナップされる「インスパイア」

 2021年10月15日、ホンダの中国における合弁会社「東風ホンダ」は、新型「インスパイア」の生産を開始したと発表しました。

 インスパイアは、日本市場においては1989年に初代モデル(アコードインスパイア)が登場し、2012年まで販売されたホンダの大型セダンとして知られていますが、2018年に中国の東風ホンダで車名が復活しました。

 中国市場における別の合弁会社として「広汽ホンダ」も存在しますが、広汽ホンダが中国仕様の現行「アコード」を取り扱うのに対し、東風ホンダはアコードの姉妹車として中国仕様のインスパイア取り扱うというかたちで、住み分けが図られています。

 今回、マイナーチェンジモデルの生産が開始された新型インスパイアは、フロントフェイスを刷新。

 フロントグリルのメッキパーツがシンプルな意匠となったほか、フロントバンパー形状が変更されたことで、より洗練された顔つきとなっています。

 まだドアミラーカバー色としてシルバーが配されたほか、新デザインのホイールでスポーティさを強く演出したと東風ホンダは説明します。

 東風ホンダは、新型インスパイアについて「32年間の伝統と洗練を経て、デザイン・パワー・テクノロジーを進化させ、最先端の技術と優れた走行性能、そして上質なドライビングエクスペリエンスを兼ね備えた、クラフトマンシップの傑作です」とコメントしています。

 中国市場における新型インスパイアの発売時期は、2021年11月中が予定されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング