1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

「いつ右折すればいいの?」 なぜ分かりづらい「時差式信号」のタイミング 独自対策で改善なるか

くるまのニュース / 2021年11月5日 9時10分

交通量の多い交差点では「時差式信号」という安全かつ円滑な交通を図るものが設置されています。しかし、SNS上では「右折するタイミングがわかりにくい」という声も見受けられます。なぜ右折のタイミングがつかみにくいのでしょうか。

■時差式信号はなぜ設置される? 右折がしにくい原因はどこにある?

 交通量の多い交差点では、対向の青信号と時差を設けた「時差式信号」が設置されていることがあります。

 しかし、SNS上では「右折するタイミングがわかりにくい」という声も見受けられますが、なぜ時差式信号では「右折のタイミング」がつかみにくいのでしょうか。

 時差式信号が設置されている最大の目的は、右折車と対向車と交差しないように通行させ、安全かつ円滑な交通を進めることです。

 右折車専用の通行時間帯を設けることで、右直の衝突事故を低減しつつ、本来なかなか通行しにくい右折車をスムーズに促すことにも繋がるため、渋滞緩和の効果も期待できます。

 また、歩行者用信号機とも時差を設けられていることが一般的であるため、歩行者との交差も避けることができ、交差点全体の安全確保にも一役買っているといえるでしょう。

 一方で、そのような目的や役割を持った時差式信号ですが、SNSでは「右折しても良いかわかりにくい」という声が少なくありません。

 とくに矢印表示がない時差式信号では「もたもたしていたら赤になってしまった」「後ろからクラクションを鳴らされて怖い思いをした」という声が挙がっており、時差式信号の目的である、安全かつ円滑な交通を進められていないといえるケースも見受けられます。

 運転者が右折しても良いか判断しにくい理由としては、対向の信号が赤になっているか右折車側から確認できない点が挙げられます。

 右折や左折、直進など、矢印が常時される信号の場合では、自車が通行できるタイミングが比較的わかりやすいといえます。

 一方で、片側の青信号を延長するタイプの時差式信号では、右折車側は対向車側の信号機が赤信号になっているか確認することが困難です。

 このように、時差式信号では、対向車の信号機が確認できないために、右折車が右折しても良いか判断がしづらいという状況になっているといえます。

 時差式信号のなかでも、とくに右折のタイミングがつかみにくいのが「後発式信号」と「先発式信号」といわれています。

 後発式信号とは、右折車側の青信号が延長され、対向車線が赤信号になるタイプの信号で、時差式信号のなかでも設置件数が多いタイプです。

 一方の先発式信号は、右折車線がある方の信号が先に青になり、右折車がある程度流れた時点で、対向車線側の信号が青信号に切り替わるタイプの信号機を指します。

 後発式信号は前述の通り、いつ右折して良いのかわかりにくく、先発式信号は右折中や右折を開始した直後に対向車側の信号機が青に切り替わることもあり、意図せず直進車と交差しそうになってしまう可能性があります。

 このように、時差式信号には、交差点内の安全と円滑を促す目的がある一方で、右折がしにくかったり、タイミングによっては対向車と交差してしまうというデメリットもあります。

■見たことある?時差式でもわかりやすい工夫がされているタイプがある

 一方で、そんな時差式のなかでも、わかりやすいように工夫されているタイプが「右折車分離式」と呼ばれるものです。

 右折車分離式は、進行できる方向全てが、適宜、矢印表示されることになっており、先に左折と直進の矢印信号を表示し、その後で右折の矢印信号が表示されます。

 そのため、本来の時差式信号の設置目的通り、対向の直進車と交差することを避けるようにクルマが誘導されつつ、右折車側にも右折のタイミングがわかりやすいようになっています。

 さらに、時差式信号がわかりにくいという声をうけて、独自の対策をおこなっている地域も見られます。

 兵庫県では、西宮市の国道2号線に位置する夙川橋の交差点と、神戸市北区鴨越の交差点の2箇所に、「時差作動中」の電光表示を追加した時差式信号を設置しています。

兵庫県西宮市の国道2号線にある夙川橋交差点では「時差作動中」が表示されるという(Photo:Google Map)兵庫県西宮市の国道2号線にある夙川橋交差点では「時差作動中」が表示されるという(Photo:Google Map)

 この信号機は後発式信号となっていますが、対向車側の信号が赤に切り替わった際に、右折車側の信号機に「時差作動中」という文字を表示させています。

 そのため、後発式信号でありながら、対向車の信号が赤であることが右折車側にも把握できるようになっています。

 この「時差作動中」の表示について、兵庫県警察本部交通規制課の担当者は以下のように話します。

「時差作動中の電光表示は、西宮市では1986年、神戸市では1988年に設置されており、いずれも30年以上前から運用されています。

 どちらも交通量が多く大きな交差点であり、明確な設置の経緯は現在不明ですが、時差式信号をわかりやすくするために設置されたといえるでしょう」

 また、東京都内でも時差式信号をわかりやすくするために「右折車専用信号機」を設置して対策をおこなっています。

 この信号機は、右折車側の通常の信号機が青信号のときは、右折車に向けて黄色信号を点滅させるので、対向の交通に注意して進むことが可能です。

 その後、対向車側の信号機が赤信号になると、右折矢印を表示し、対向車側が赤信号(時差式が発動中)であると判断がしやすいようになっています。

※ ※ ※

 時差式信号の横には「時差式信号」「時差式」などと表示がされているケースも多く、時差式信号であるかどうかは、表示を見てわかるようになっていることがあります。

 兵庫県のように「時差作動中」を表示させているケースは極めて稀であるといえるため、対向車の様子をうかがいつつ、そうした表示を確認することで、まずは時差式信号であるかどうかを慎重に判断しましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください