1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スバルのSUVどれ選ぶ? XV/フォレスター/アウトバックを徹底比較!

くるまのニュース / 2021年10月28日 19時10分

50年近い歴史を持つスバルのSUVですが、現行モデルには「XV」「フォレスター」「レガシィアウトバック」の3車種があります。それぞれ一体どのような特徴があるのでしょうか。

■悪路走破力と安定性、安全運転支援機能…スバルのSUV

 昨今SUVの売れ行きが好調ですが、このカテゴリーに古くから取り組んできたメーカーがスバルです。

 1972年には初代「レオーネエステートバン」にAWD(4WD)が追加され、210mmの最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)と相まって、優れた悪路走破力を発揮しました。商用バンでしたが、最低地上高に余裕を持たせたワゴン風のボディは、「レガシィアウトバック」の原形ともいえるでしょう。

 つまりスバルはこの分野において、既に50年近い実績があるのです。

 またSUVの「フォレスター」の初代モデルは1997年に発売。いまでは24年のキャリアがあり、5代目に発展しています。

 スバルは伝統の水平対向4気筒エンジンと、左右対称のAWDシステムを生かして、ほかのメーカーとは違うSUVを造り続けてきました。

 スバルのSUVが備える世界観は、同社がもっとも重視する安全性に繋がっています。十分な最低地上高を確保して優れた悪路走破力を発揮しながら、重心は低く抑えられ、高速道路や峠道における走行安定性も優れているからです。

 高重心のSUVでは悪路走破力と舗装路における安定性が二律背反の関係になりやすいですが、スバルの水平対向エンジンと左右対称のシンメトリカルAWDシステムが両立を可能にしました。

 このふたつの技術に、いまでは運転支援システム「アイサイト」も加わり、スバルならではの安全性を確立させています。

 今回はそんなスバルから発売されたSUVのなかで、XV、フォレスター、新型になったレガシィアウトバックの選び方を考えてみたいと思います。

 水平対向エンジン/左右対称のAWDシステム/余裕のある最低地上高/アイサイトという基本技術は、3車種とも共通して採用しながら、それぞれ個性的なクルマ造りをおこっています。

●XV

コンパクトだけど車内も広いSUVスバル「XV」コンパクトだけど車内も広いSUVスバル「XV」

 XVは全長を4485mmに抑えたコンパクトなボディが特徴です。

 混雑した街中や駐車場でも運転しやすく、全高も1550mmなので立体駐車場でも扱いやすく、マンションに住む都市部のユーザーにピッタリです。

 また全高がそこまで高くないため、重心も下がり、高速道路や峠道の走行安定性も向上します。

 しかもXVの最低地上高は、本格的な悪路向けのSUVと同じく200mmを確保。悪路のデコボコも乗り越えやすくなっています。

 このようにXVは、街中、高速道路、峠道、さらに悪路まで、すべての走行ルートにおいて安心感の高い走りを満喫できます。

 全長は4500mm以下ですが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2670mmと長く設定され、居住空間に余裕があります。身長170cmの大人4名が乗車したとき、後席に座る乗員の膝先には握りコブシふたつ少々の空間ができ、4名乗車も快適です。

 以上のようにXVは、さまざまな用途に対応できます。しかも価格は割安で、全車にAWDとアイサイトを採用しながら、1.6リッターエンジンを搭載する「1.6iアイサイト」の価格を220万円に抑えています。

 2リッターエンジンはハイブリッドのe-BOXERで、「2.0e-Lアイサイト」の価格は265万1000円に収まります。XVは買い得なSUVが欲しいユーザーにもピッタリです。

■高めの全高に最低地上高!本格的なSUVスバル「フォレスター」

●フォレスター

 フォレスターは、全高が1700mmを超える天井を高めに設定した本格的なSUV。最低地上高も220mmを確保しており、悪路の走破力を一層高めています。

スバル車のなかでもとくに悪路走破力が高い、本格SUVのスバル「フォレスター」スバル車のなかでもとくに悪路走破力が高い、本格SUVのスバル「フォレスター」

 その一方で床の位置は適度に設定されており、乗降性が優れ、後席に座ると床と座面の間隔も十分に確保されています。

 視線の位置も適切で、SUVやミニバンなど背の高いクルマが増えた街中でも、周囲に埋もれた印象になりません。

 高速道路も含めて、見晴らしが良いために運転しやすくて快適です。ウインドウの面積も広いため、後席を含めて開放感のあるSUVに乗りたいユーザーにもピッタリでしょう。

 フォレスターは全高が1700mmを超えるSUVなので、室内高にも1275mmの余裕があります。頭上の空間はタップリあり、荷室高も十分に確保され、大きな荷物も積みやすくなっています。

 エンジンは、「e-BOXER」を搭載した2リッターハイブリッドと1.8リッターターボエンジン(「スポーツ」グレード)があります。後者の動力性能は3リッターのエンジン並みなので、余裕のある走りを満喫できます。

 しかもターボを装着しながらWLTCモード燃費は13.6km/Lと優れ、燃料消費量も抑えられます。

 重心の低い水平対向エンジンと左右対称のAWDシステムを備えることで、全高が1700mmを上まわりながら、走行安定性も良好です。

 このようにフォレスターは、余裕のある最低地上高によってスバル車のなかでもとくに悪路走破力が高く、大容量の荷室を備えるために多量の荷物も積みやすいです。1.8リッターターボのハイパワーも含めて、SUVの実用性にこだわるユーザーに適しています。

 グレードについては、SUVの実用性を重視するなら、2リッターエンジンのe-BOXERを搭載する308万円の「X-BREAK」がベストです。シート生地は撥水性ポリウレタンで、荷室のフロアボードにも撥水処理を施しているので、アウトドアでも気兼ねなく使えます。

 SUVの実用性を備えた上で、余裕のある動力性能も欲しいなら、先に挙げた330万円のスポーツを推奨します。

 フォレスターではユーザーのニーズに綿密に応えるグレード構成も魅力です。

●レガシィアウトバック

ロングドライブを楽しむならスバル「レガシィアウトバック」ロングドライブを楽しむならスバル「レガシィアウトバック」

 2021年10月に6代目へとフルモデルチェンジした新型レガシィアウトバックは、全長が4870mm、全幅は1875mmというLサイズのボディを備えています。

 エンジンは1.8リッターターボエンジンで、3リッターエンジンに匹敵する動力性能とWLTCモード燃費が13km/LというLサイズの割に優れた燃費性能も両立させています。

 レガシィアウトバックは、スバル車のなかでは基本設計がもっとも新しいため、最新のアイサイトに加え、高速道路で高度な運転支援をおこなう「アイサイトX」が全車に標準搭載されました。

 高速道路上の渋滞ではハンズオフによる運転支援を受けられ、作動中は車間距離や速度の調節に加えてステアリング操作も支援。ドライバーはステアリングとペダル操作の両方の負担が軽減されます。

 そして最低地上高は213mmを確保したことで路面のデコボコも乗り越えやすく、ロングドライブの途中に雪道や悪路があっても、快適な運転を安心して続けられます。

 その一方で、ワゴン風の外観によって全高を1700mm以下に抑えたので重心も高くならず、高速道路の直進安定性も優れています。

 ハンズオフによる運転支援機能と併せて、長距離を移動する機会の多いユーザーに最適です。

 Lサイズのボディとあって車内も広く、4名で乗車しても荷物をタップリと積めます。グレードは、SUVの野性味を重視するなら414万7000円の「X-BREAK EX」、上質な雰囲気で選ぶなら429万円の「リミテッドEX」を推奨します。

 レガシィアウトバックはスバルの最上級モデルでもあるため、何台もスバル車を乗り継いだユーザーにも相応しいでしょう。「レガシィ」の車名も、その位置付けを象徴しています。

※ ※ ※

 長い歴史を持つスバルのSUVですが、現行販売されているモデルではそれぞれ個性的な特徴があります。

 自身の用途に合った一台を見つけてみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング