1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ新型「GR86」にオバフェン装備で存在感バツグン! トムスのカスタムパーツ発売

くるまのニュース / 2021年10月31日 20時10分

トヨタ新型「GR86」の発売にともない、トムスのスタイリングパーツが発表されました。トムスパーツでカスタムされた新型GR86は、どのように変身するのでしょうか。

■レーシングカーをモチーフにした各種パーツ登場

 トヨタ車やレクサス車のアフターパーツなどの開発・販売をおこなうトムスは、2021年10月28日に発売されたトヨタ新型「GR86」専用のスタイリングパーツおよびエキゾーストシステムを発表しました。

「“SPORTS”を研ぎ澄ます」を開発コンセプトとしたトムスのGR86カスタマイズパーツは、2021年6月に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」で先行してお披露目されました。

 イベント内でおこなわれたファン投票では、「お気に入りの1台」として1位に選ばれるなど、発売前から話題となっています。

 今回新型GR86用のパーツとして、レーシングカーをモチーフにしたさまざまなパーツがラインナップされました。

 フロント、サイド、リアに取り付けられた「ディフューザー」は、トムスが長年のレース活動で培ったエアロダイナミックステクノロジーが注入され、空力効果の向上はもちろん、引き締まったワイド&ローシルエットにより、スポーツ性能の良さを印象づけます。

 グリル上部をスラントノーズ化しフロント周りの整流とグリル内の冷却効果向上を狙う「フロントノーズ」と、より多くの空気を取り込んでタイヤの回転で乱れた空気の整流効果を図った「バンパーガーニッシュ」を設定。機能美とともに、よりシャープなフロントマスクへと変更することが可能です。

さらに、新型GR86のバランス良いスタイルは崩さず、程よいワイド感でよりスポーティーな外観に仕上げる「オーバーフェンダー」も用意されました。なお、構造変更申請が不要なサイズ(片方10mm以内)に収まるため、面倒な手続きなく取り付けることが可能です。

 また、トムスを象徴する4本出しオーバルテールのマフラー「トムス・バレル」とアグレッシブなデザインの「リアバンパーガーニッシュ」の組み合わせにより、存在感のあるスタイルを実現。

 なお、ユーザーからの要望が多かった2本出しテールの「トムス・バレル」の発売も2021年12月に予定しているといいます。

 内装のパーツとして、「レーシングステアリング」が用意されました。ステアリング上部に埋め込まれたLEDとモニターに「回転数」「水温」「油温」「アクセル開度」等を表示できるほか、「ラップタイム」の表示や任意の回転数を光とバイブレーションでフィードバックするなど、スポーツ走行には欠かせないアイテムも設定されます。

 価格(消費税込)は、各種ディフューザーやフロントノーズ、オーバーフェンダーなど7点をフル装着した「スタイリングパーツセット」が44万8000円から、「トムス・バレル(4テール)」が24万7500円からとなり、2021年11月1日に発売される予定です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください