1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

半導体不足で新車が納期遅れ!? 150万円で中古が買える“型落ち感”のない小型SUVがオススメ

くるまのニュース / 2021年11月17日 18時10分

盛り上がりを見せるSUV市場ですが、小型SUVでも総額300万円前後の予算が必要です。また、昨今の半導体不足の影響で新車の納期が大幅に遅れているという状況もあり、中古車を狙うのもひとつの手でしょう。そこで、予算150万円でさらには型落ち感がない、中古のSUVを紹介します。

■半導体不足で納期が見えない新車より、すぐに乗れる中古車を狙いたい

 2021年9月にトヨタ新型「カローラクロス」が登場し、小型SUV市場がますます盛り上がりを見せています。

 今後も続々とSUVのニューモデル登場が噂されていますが、昨今のクルマは先進安全装備や運転支援システムの搭載などで新車価格が上昇。小型SUVですら諸経費を入れると300万円の予算が必要になりそうです。

 さらにコロナ禍もあって半導体不足が続いており、その影響で新車の納期が遅れています。

 せっかく新車を契約したのに納期に半年以上かかるなどという事態も起こっており、先が読めない状況のなか、納期を待たずに乗れる中古車を購入するというのもひとつの手でしょう。

 予算を新車の半分の150万円前後に設定し、かつ「型落ち感」のない中古SUVを狙うのはどうでしょうか。

 そんな条件に合致する、おすすめのコンパクトSUVを3台紹介します。

●トヨタ「C-HR」

 中古SUVだとしても、カッコいいSUVに乗りたいという人に最適なモデルがトヨタ「C-HR」です。

 2016年に登場したC-HRはジャンルとしては小型SUVに該当しますが、スポーツカーのような大胆なデザインが特徴的。デビュー当時は話題と人気を呼びました。

 C-HRをおすすめする理由は「カッコいい」というのが一番で、スポーツクーペのような引き締まったキャビンと張り出したホイールアーチのグラマラスボディを、全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mmというサイズで実現しています。

 パワーユニットは、1.8リッター+モーターのハイブリッド車と1.2リッターのターボ車を用意。1.2リッターターボはCVTに加え、6速MTも選べます。

 なお駆動方式は、ハイブリッド車が2WD、ターボ車が2WDと4WDです(6速MTは2WDのみ)。

 また最新のトヨタ車に採用されている「TNGA」プラットフォームがもたらす高い基本性能や、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準搭載するなど安全性の高さも魅力です。

 中古車価格は、2016年、2017年あたりの初期のハイブリッド車なら150万円前後から購入可能で、走行距離5万km未満の車両も見つかります。

 この価格で安全装備が充実した現行モデルのSUVが手に入るのですから、まずは第一候補として納得できるチョイスでしょう。

■新型が出たけど先代も捨てがたいSUVとは

●マツダ「CX-3」

 マツダのSUVラインナップのなかでもっともサイズが小さいモデルが「CX-3」です。

 プラットフォームは「マツダ2(旧デミオ)」と共有しつつ、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載する専用モデルとして2015年に登場しました。

上質感のあるコンパクトSUV マツダ「CX-3」上質感のあるコンパクトSUV マツダ「CX-3」

 2017年におこなわれた一部改良では2リッターガソリンエンジンを追加。2018年にはクリーンディーゼルの排気量を1.8リッターへとアップさせ、2020年には新しい1.5リッターガソリンエンジンを設定しています。

 ボディサイズは全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mmです。

 登場から6年を経過するロングセラーだけに、2015年式や2016年式の中古車は100万円を切る値付けの個体も存在するなど、現行モデルのCX-3としてはかなり安く入手できるのが大きな魅力のひとつでしょう。

 もうひとつの魅力は、初期の頃の1.5リッターディーゼルエンジンの性能の良さです。2.5リッターガソリンを上回るトルクを誇りながら、25.0km/L(JC08モード)という低燃費を両立。小型SUVだからといって非力でないのが大きな魅力になっています。

 また6速MTも設定されており、アクティブな走りも楽しめそうです。

 高級感のあるレザーシートパッケージもあり、150万円でお釣りがくる中古車とは思えないプレミアム感が味わえるのもCX-3のセールスポイントでしょう。

●ホンダ「ヴェゼル」(初代)

 昨今の半導体不足による新車の納期遅れはかなり深刻な状況です。今後は改善される見通しですが、すぐに納期が早まる保証はありません。

 これは2021年に2代目へと進化したホンダ「ヴェゼル」にも当てはまり、納期がかなり遅れているとの話も聞きます。

 新型が出たばかりで納期に数か月かかるというタイミングだからこそ、以前よりさらに入手しやすくなったのが初代ヴェゼルです。

 初代ヴェゼルのデビューは2013年。ベースは3代目「フィット」ですが、都会派SUVを代表するモデルだけに、新型よりも魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。

 パワートレインは1.5リッターガソリンと、同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車をラインナップ。2016年の一部改良では、走りを意識した「RS」グレード追加や先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」も搭載され、2019年に1.5リッターターボエンジンが設定されました。

 初代ヴェゼルをおすすめしたい理由は、何といっても中古車価格の安さです。

 コンパクトSUVにクラス分けされていますが、全長4295mm×全幅1770mm×全高1605mm、ホイールベース2610mmのボディサイズは数値以上の存在感があり、それでいて、初期のモデルであればハイブリッド車でも100万円前後から狙えます。

 初代ヴェゼルならではの少し丸みを帯びたデザインは軽快感もあって、型落ち感を感じにくいのも好ポイント。価格の安さも考慮すれば、SUV初心者には最適な1台といえそうです。

※ ※ ※

 ここ30年で諸外国の個人所得が2倍から5倍にも成長しているなか、日本の所得の成長率はわずか20%程度で、新車価格が高く感じるのも当然です。とくに若者がクルマを所有できない原因にもなっているでしょう。

 ならば、いっそ中古車に目を向けて、お手頃価格で装備も充実し、安全で楽しいSUVに乗るのも良さそうです。

 150万円というのも決して安い金額ではありませんが、最新のiPhoneで10台分と考えると、意外と安くSUVが乗れる気がしてきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください