1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

世界初公開されたマツダ新型SUV「CX-50」は何が違う? 名前似ている「CX-5」との違いとは

くるまのニュース / 2021年11月18日 17時10分

マツダが新たなSUVとなる新型「CX-50」を米国で世界初公開しました。車名が似ているマツダ「CX-5」とはどのような違いがあるのでしょうか。

■マツダSUVの違いは? アウトドア派の「CX-50」とシティ派の「CX-5」

 2021年11月16日(日本時間)にマツダの北米法人は、同市場に導入する新型SUV「CX-50」を世界初公開しました。
 
 マツダには、大小さまざまなSUVがラインナップされていますが、新型CX-50に近しいとされる「CX-30」や「CX-5」とはどのような違いがあるのでしょうか。

 マツダがグローバルでラインナップする現行SUVは2021年11月現在で「CX-3」「CX-30」「MX-30(EV含む)」「CX-4(中国向け)」「CX-5」「CX-8」「CX-9(主に北米向け)」となっています。

 また、2021年10月7日にマツダは「クロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表しており、そこでは前述の新型CX-50に加えて「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を2022年から2023年にかけて各市場に導入することをと明かしました。

 それに伴い、各市場におけるSUVの棲み分けについては、次のように説明しています。

 ・日本市場:スモールSUV(CX-3/CX-30/MX-30)、ミドルサイズSUV(CX-5/CX-60/CX-80)

 ・北米市場:スモールSUV(CX-3/CX-30/MX-30)、コンパクトSUV(CX-5/CX-50)、ミドルサイズSUV(CX-70/CX-90)
 ※米国市場ではCX-3(2022年モデル)は販売しないとアナウンスされている。

 ・欧州市場:スモールSUV(CX-30/MX-30)、ミドルサイズSUV(CX-5/CX-60/CX-80)

 これらに加えて、市場毎にCX-4、CX-8、CX-9がラインナップされるようです。

 こうしたなかでマツダは、北米市場においてCX-5と同じクラスのSUVとして新型CX-50を位置づけています。

 CX-5は、マツダの屋台骨を支える基幹車種として2012年に初代が登場し、2017年に2代目へとフルモデルチェンジ。直近ではグローバルでマイナーチェンジを実施しています。

 エクステリアは、魂動デザインをテーマにクロスオーバーSUVとして都会的でエレガントな魅力を高めた王道のシティSUVといえる存在です。

 フロントフェイスでは、シャープなヘッドライトに洗練されたフロントグリルとバンパー形状により、スタイリッシュな印象を与えています。

 一方の新型CX-50は、SUVらしい存在感に加えて昨今流行りのアウトドアやオフロード性能を求めるニーズに対応するべく導入されたモデルです。

 エクステリアは、ほかのマツダ車と同じ魂動デザインをテーマにエレガントな上質感を高めつつ、新型CX-50ではSUVに求められる力強さとタフな機能性を随所で表現しています。

 力強さとタフさでは、前後バンパーにシルバー調スキッドプレートや、シルバー調サイドスカート、エッジの立った樹脂製フェンダーなどを装着することで、自然のなかでも際立った存在感を放つクロスオーバーSUVとなりました。

 また、パノラミックムーンルーフをマツダとして初採用しているほか、アウトドアなどでの使いやすさを高めるために荷室のデザインにも配慮するなど、見た目だけではなくさまざまな部分にアウトドアニーズに対する要素を盛り込んでいます。

 新型CX-50について、北米マツダのジェフリー・エイチ・ガイトン氏は次のように述べています。

「新型CX-50は、お客さまがアウトドア体験を思う存分楽しんでいただけるようオフロード性能や使い勝手を高めています。

 そしてアウトドアでの体験をさらに楽しくする、アクティブなライフスタイルにお応えする数々の用品を今後導入していく予定です」

※ ※ ※

 今回の新型CX-50は、トヨタとの合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」にて2022年1月より生産を開始する初のマツダ車となり、この工場では北米向けのトヨタ「カローラクロス」も生産されます。

■CX-5と新型CX-50の走行面はどう違う?

 北米向けのCX-5は、ガソリン自然吸気車「SKYACTIV-G2.5」とガソリンターボ車「SKYACTIV-G2.5T」をラインナップ。駆動方式はそれぞれFDW/AWD(i-ACTIVAWD)を組み合わせています。

 また、前述のマイナーチェンジにより、CX-5(2022年モデル)はエレガントな新デザインに加えて、ドライブモードやシート、ボディ、サスペンションなどもアップデートされ、走行性能と乗り心地が向上。

 ワンタッチで最適なドライブモードを選択できる「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」を導入しています。

 一方の新型CX-50のエンジンは、CX-5同様にガソリン自然吸気車「SKYACTIV-G2.5」とガソリンターボ車「SKYACTIV-G2.5T」を採用しますが、数年以内にはハイブリッド車を追加する予定です。

 駆動方式は、全車に「i-ACTIVAWD」を組み合わせているほか、オフロードでも安心な最低地上高を確保しているといいます。

 また、新型CX-5でも「マツダインテリジェントドライブセレクト(Mi-Drive)」を採用したことで、オンロードの人馬一体の走りはそのままに、多種多様な路面においても高いコントロール性を発揮します。

アウトドア志向&オフロード志向のニーズに対応する新型「CX-50」アウトドア志向&オフロード志向のニーズに対応する新型「CX-50」

 北米市場でのマツダSUVは、米国にてCX-30、CX-5、CX-9がそれぞれのセグメントで過去最高のマーケットシェアを達成。さらにコロンビアでは、CX-30が最量販車種となり、シェアが10%に届く勢いだったとマツダは説明しています。

 この勢いに新型CX-50が加われば、さらなるシェアを伸ばすことも期待されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください