1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

年収はいくらあればいい? トヨタ高級SUV「ハリアー」 人気グレード「Z」の購入に求められる条件とは

くるまのニュース / 2021年11月27日 7時30分

1997年に誕生したトヨタの高級SUV「ハリアー」。ラグジュアリーな雰囲気で人気の根強いハリアーですが、2020年6月に4代目となった新型モデルを購入にはいくらの費用がかかるのでしょうか。また、購入するには年収いくらほど必要になるのでしょうか。

■高級SUV「ハリアー」 購入時にかかる費用はいくら?

 トヨタの高級SUVのひとつ「ハリアー」は、1997年に初代が誕生。
 
 2020年6月にはフルモデルチェンジをおこない、現在では4代目が販売されています。
 
 ハリアーの人気グレードが「Z(ガソリン車・2WD)」ですが、このモデルの購入を検討する場合、どのくらいの年収が理想的なのでしょうか。

 ハリアーは、初代から現行型まで一貫して上質な都会派SUVをコンセプトとしており、国産高級クロスオーバーSUVの代名詞ともいえる存在となっています。

 日本自動車販売協会連合会が公表している2021年度上半期(1月-6月)の自動車登録台数において、ハリアーは4万827台を記録し、全体第5位にランクインしています。

 ハリアーを購入する際にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

 今回は、トヨタの見積もりページ上で「ハイブリッド Z Leather Package(504万円)」に続く、比較的に手が届きやすい「Z(ガソリン車・2WD)」(393万円)をベースに初期費用を算出します。

 ボディカラーは人気かつ追加料金のかからない「ブラック」とし、インテリアカラーは人気の「ファブリック+合成皮革/ブラウン」を選択。 ディーラーオプションとして「フロアマット(2万8600円)」を追加します。

 なおZグレードは、カーナビやETCが標準装備されているため、オプションとして追加する必要はありません。

 車両本体価格の393万円にオプション価格の2万8600円を加えて、ここまでの合計金額は395万8600円となります。

 さらに初期費用としては、税金や保険料、諸費用もかかせません。

 税金・保険料は、自動車税種別割9000円、自動車税環境性能割6万4300円、自動車重量税4万9200円、自賠責保険料2万7770円の計15万270円。

 これらに、諸費用として7万2420円かかります。

 税金・保険料15万270円と諸費用7万2420円を、先程の合計金額395万8600円に加えると、初期費用として必要な金額は418万1290円です。

■約420万円のハリアー 購入できるのは年収いくら?

 では、およそ420万円のハリアー Zグレードの購入には、年収いくらが必要になるのでしょうか。

 一般的に考えられている「クルマの価格は年収の50%」という基準に当てはめると、年収は約840万円必要ということになります。

 国税庁が公表する「民間給与実態統計調査」によると、2020年に1年間を通じて勤務した給与所得者5245万人のうち、2.8%にあたる145万3000人に、800万円から900万円の給与が支払われています。

 もちろん、クルマの購入のために貯金をしている場合もあるかもしれませんが、そうした貯金をあてにしないとしても、国内で少なくとも145万3000人はハリアーを購入できるということになります。

 このようにして考えると、決してハリアー購入のハードルは高くはないといえるでしょう。

遠目で見ても上質感があるトヨタ「ハリアー」遠目で見ても上質感があるトヨタ「ハリアー」

 では、ローンを活用して購入した場合はどうでしょうか。

 トヨタ公式サイトで提示されている実質年率6.8%の頭金なしの場合では、36回払いで月々12万1800円、60回払いで7万8000円となります。

 手取り月収の20%をクルマの支払いに充てられるとすると、36回払いの場合は約62万円、60回払いの場合は約40万円が月収として求められます。

 つまり、36回払いの場合では約760万円、60回払いの場合では約500万円の年収が必要ということになります。

 必要な年収が500万円まで落ち着くとすれば、一括払いの場合に比べ、現実的に購入できる人もかなり増えることが予想されます。
 
 続いて、残価設定型ローンで購入した場合はどのくらいの年収が必要になるのでしょうか。

 前出のローンの場合同様に考えると、実質年率は4.8%の頭金なしの場合では、36回払いで月々5万9800円、60回払いで5万100円です。

 手取り月収の20%を支払いに充てた場合、36回払いの場合は約30万円、60回払いの場合は約26万円が月収として求められます。

 そこから年収を算出すると、36回払いの場合では約380万円、60回払いの場合では約330万円が最低でも必要になります。

 残価設定型ローンを活用すれば、若い世代でも購入できる人がいそうなほどの金額です。

 高級SUVとされているハリアーですが、このようにグレードやオプションによっては、比較的買い求めやすいモデルであるといえるでしょう。

※ ※ ※

 購入の仕方によっては手が届きやすい1台といえるハリアーですが、内外装には高級感が溢れ、安全機能や快適装備も複数備わっており、高級SUVとうたわれるだけあるモデルです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください