1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

TOYOTA顔強調のトヨタSUV「ランクル79 70周年記念車」登場! ギラつくド迫力ブルバーで武装 南アに導入

くるまのニュース / 2021年11月29日 18時10分

トヨタのランドクルーザーシリーズのなかでも人気の高い70系。2014年には約1年という期間限定で復刻版モデルが販売されました。その後も、多くのファンが待ち望んでいた70系が2020年に再び発売されるという噂が出ています。どんなクルマになるのでしょうか。

■シングルキャブとダブルキャブの2タイプに設定

 トヨタの南アフリカ法人は、2021年11月15日(現地時間)に公式SNSで「ランドクルーザー79 70thアニバーサリーエディション」(以下、「ランクル79 70周年記念車」)を現地に導入したと投稿。各種専用装備を装着した外観も、公式ウェブサイトとあわせて公開しています。

 ランドクルーザーシリーズの生誕70周年を祝ったモデルですが、どんな特徴があるのでしょうか。

 トヨタの南アフリカ法人は、2021年11月時点において現地で販売するランドクルーザー70系として、ピックアップトラックのランクル79のほかにワゴンタイプの「ランドクルーザー76」もラインナップ。しかし、70周年記念車はランクル79にのみ設定しています。

 南アフリカ仕様のランクル79 70周年記念車は、シングルキャブとダブルキャブの2タイプをベースに外装に専用エンブレムを装備したほか、シートには「70th ANNIVERSARY」刺繍を施した専用シートカバーを装備。シートカバーは取り外して洗える仕様なので、いつでも清潔に保つことができます。

 フロントグリル中央にトヨタのTマークではなく、横文字の「TOYOTA」エンブレムが装着されているのも特徴です。

 フロントフェイスはフォグランプ付きブルバー(カンガルーバー)や、シュノーケルなどが備わり、4WD車らしい力強いスタイリングとなっています。

 ボディカラーはアイボリーホワイトとサンドベージュの2色のみの設定です。

 搭載されるエンジンは4.5リッターV型8気筒ディーゼルターボで、最高出力205馬力・最大トルク430Nmを発揮。5速MTが組み合わされ駆動方式はパートタイム式4WDです。

 車内のエアコンはマニュアル式となりますが、ダッシュボードにはディスプレイオーディオが標準装備されます。

 南アフリカ仕様のランクル79 70周年記念車の価格は、シングルキャブ仕様が88万9700ランド(約624万円、1ランド7.01円で計算)、ダブルキャブ仕様が94万3100ランド(約661万円)です。通常のラインナップではなく、限定車として現地で取り扱われます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください