1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スバル新型「WRX」にワゴンが存在!? 2.4Lターボ搭載で激速! NZの「WRX GTワゴン」の正体は?

くるまのニュース / 2021年12月1日 17時10分

スバルのスポーツセダン「WRX S4」の新型モデルが国内で発表されましたが、海外には新型WRXのワゴンモデルが存在するようです。一体どんなモデルなのでしょうか。

■海外の「WRX GTワゴン」「WRXスポーツワゴン」ってナニ?

 スバルは、スポーツセダン「WRX S4」をフルモデルチェンジし、2021年11月25日に日本仕様を発表しました。

 新型WRX S4は、2.4リッター水平対向ターボエンジンと進化したCVT「スバルパフォーマンストランスミッション」を搭載。

 アクセルを踏むとすぐに加速し、離すとすぐに減速する優れた応答性を発揮し、ステアリングやブレーキのレスポンスの良さとともに、思いのままにクルマを操ることができるといいます。

 新型WRX S4はプラットフォームも一新し、ステーションワゴン「レヴォーグ」に採用された「スバルグローバルプラットフォーム×インナーフレーム構造」を取り入れて総合安全性能のレベルを引き上げるとともに、ドライバーの意思に忠実なハンドリングや快適な乗り心地を実現しました。

 また、スバルの最新デザイン「BOLDER」を採用したアグレッシブなスタイルに進化。空力テクスチャーを施したブラックのガーニッシュを取り入れるなど、スポーティさと力強さを強調したデザインとなっています。

 新型WRXは北米などでも販売される予定になっていますが、海外ではWRXのワゴンモデルが登場するといいます。

 オーストラリアでは「WRXスポーツワゴン」、ニュージーランドでは「WRX GTワゴン」として販売されることになるといいますが、一体どんなモデルなのでしょうか。

 WRXスポーツワゴンおよびWRX GTワゴンは、新型WRXの2.4リッターターボ×スバルパフォーマンストランスミッション(CVT)を搭載する、日本では「レヴォーグ STIスポーツR」にあたるモデルです。

 レヴォーグは2020年のフルモデルチェンジを機に、それまでの2リッターターボおよび1.6リッターターボに代わって1.8リッターターボを搭載。

 そして今回、新型WRX S4と同じパワートレインを搭載した「STIスポーツ R/STIスポーツ R EX」グレードが追加設定されましたが、このハイパフォーマンス仕様が海外でも販売されることになります。

 現行モデルの2代目レヴォーグでは1.8リッターターボエンジンは国内のみとなる一方、2.4リッターターボはオーストラリア・ニュージーランドをはじめアジアなどへ輸出されます。

 スバルのニュージーランド法人は、「WRX GTワゴンはレヴォーグの後継車であると同時にレガシィ(GTB)の真の後継モデル」と説明するほか、「次世代WRXのラインナップにサプライズで加わることになった」といいます。

 ニュージーランドのWRX GTスポーツワゴンは2022年初頭、オーストラリアのWRXスポーツワゴンは同年4月に発売されることになるようです。

※ ※ ※

 2014年にデビューした初代レヴォーグも当初は国内専用モデルでしたが、のちに海外でも展開。欧州では自然吸気エンジンを搭載するモデルが投入されるなど、仕向け地に合わせた仕様が存在していました。

 2代目となるレヴォーグは日本でのデビューから1年半ほど遅れて海外にも投入されることになりましたが、高速道路の渋滞時に手放し運転ができる高度運転支援システムの「アイサイトX」については当面は国内のみの展開となるようです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください