1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

三菱最上級SUV 新型「アウトランダーPHEV」の超豪華仕様は600万円超えとなるか!? フル装備した電動SUVの全容は

くるまのニュース / 2022年1月11日 18時10分

三菱は2021年12月16日新型「アウトランダーPHEV」を発売しました。先代から高級感を大きく高めたフラッグシップSUVとして登場しましたが、最上級グレードにオプションをフル装備した価格は、いくらになるのでしょうか。

■最上級グレード「P」は3列7人乗り仕様

 三菱は、およそ9年ぶりのフルモデルチェンジを受けて2代目となった新型「アウトランダーPHEV」を、2021年12月16日に発売しました。

 同社のフラッグシップモデルに位置づけられるモデルですが、PHEVコンポーネントだけでなく内外装デザインも刷新され、より上質な電動SUVとして魅力を高めています。

 高級感も向上した新型アウトランダーPHEVですが、同車に設定されるオプションをすべて装備した豪華仕様は、はたしていくらになるのでしょうか。最上級グレードに設定されるメーカーオプションをすべて装着した仕様で、検証していきます。

 新型アウトランダーPHEVでは、エントリーグレード「M」、中間グレード「G」、そして最上級グレード「P」の3グレードが展開されます。

 Mは5人乗り仕様のみの設定で、Gは5人乗り仕様と7人乗り仕様が選択可能。最上級グレードは7人乗り仕様のみの設定です。なお、アウトランダーPHEVとして3列7人乗り仕様が設定されるのは、2代目が初となります。

 今回は最上級グレードの「P」を選択して、設定されるメーカーオプションを見ていきます。

※ ※ ※

 新型アウトランダーPHEVに設定されるメーカーオプションのうち、車内の開放感を大きく向上させる装備として「電動パノラマサンルーフ(スライド・セーフティ機構付)」が挙げられます。

 広いガラス面積を誇り、前席側のガラスはオープンさせることも可能で、車内にさわやかな空気を届けます。価格(消費税込、以下同様)は14万3000円です。ちなみに「M」グレードには設定されない装備となります。

 ほかに設定されるメーカーオプションとしては、SUVらしさをより強調する「ルーフレール」が存在します。

 デザイン性の高い造形で、新型アウトランダーPHEVの持つ外観の力強さを引き立てます。さらに、ルーフキャリアなどを組み合わせることで積載性向上にも寄与します。

 価格は3万3000円で、全グレードを対象にメーカーオプション設定されます。

 なお「P」グレードの場合、BOSEプレミアムサウンドシステムや前席のメモリー・リフレッシュ機能、ヘッドアップディスプレイなど、他グレードでは選択不可/オプション設定となっている機能が標準となります。

 今回、新型アウトランダーPHEVの「P」グレード(車両価格:532万700円)で選択したメーカーオプションの数は、有償色(ホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ 2トーン)を含めて3つです。

 そして、ディーラーオプションとして定番といえるETCとフロアマットを選択すると、オプション一覧は次のようになります。

●メーカーオプション(総額:30万8000円)

・有償色:ホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ(13万2000円)

・電動パノラマサンルーフ スライド・セーフティ機構付(14万3000円)

・ルーフレール シルバー(3万3000円) 

●ディーラーオプション(総額:10万1134円)

・ETC2.0車載器 スマートフォン連携ナビゲーション接続用(4万6882円)

・フロアマット(5万4252円)

 以上の装備を装着した新型アウトランダーPHEVの価格は、総額572万9834円となりました。

 なお新型アウトランダーPHEVは、2021年11月26日に閣議決定された2021年度補正予算案に基づくクリーンエネルギー自動車の購入補助対象となり、補助金として上限50万円が支給されます。

 さらに、地方自治体が実施する補助金を組み合わせることで、よりお得に購入できる場合もあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください