1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

日産新ロゴ採用の4WD車を公開! 宇宙に挑戦する「月面ローバー」 JAXAと共同開発の試作機をお披露目!

くるまのニュース / 2021年12月2日 13時10分

日産は、2021年12月2日にJAXAと共同研究をおこなっている「月面ローバ(探査車)」の試作機を公開しました。どういったクルマなのでしょうか。

■日産がJAXAと共同研究をおこなっている宇宙探査車「月面ローバ」を公開!

 日産は、2021年12月2日に国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下:JAXA)と共同研究をおこなっている「月面ローバ(探査車)」の試作機を公開しました。

 JAXAが宇宙探査に必要な技術として研究をおこなっている月面ローバは、月面の砂地で覆われている過酷な環境下のなかで、高い走破性や高効率な走行性能が求められます。

 そんななか、日産は2020年1月から共同研究に参画し、電気自動車「リーフ」に代表されるモーター制御技術と、「アリア」に搭載される電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を応用し、JAXAとともに研究を進めています。

 なかでもe-4ORCEは、どのような環境下においてもドライバーが安心して運転できるだけでなく、車両姿勢を制御することにより、同乗者にも快適な乗り心地を提供。

 JAXAとの共同研究では、e-4ORCEをさらに進化させ、砂地などの過酷な環境下での走行性能を高める技術開発をおこなっています。

 通常クルマが砂漠などの砂地を走行すると、タイヤが空転し砂に潜ることで脱出困難(スタック)な状態に陥ることがあり、こうした事態を回避するためには、ドライバーがタイヤの空転量を繊細にコントロールするなど、高い技量が必要となります。

 この共同研究では、路面状況に応じてタイヤの空転量を最小限に抑え、様々な路面環境において走行性能を高める駆動力制御を研究・開発。

 タイヤの空転量を最小限に抑えることで、砂地でのスタックを回避できるだけでなく、空転によるエネルギーロスを最小化にもつながり、走行エネルギーの効率化を実現。

 さらに、こうした過酷な環境下での走行性能を効率化するための技術開発は、地上を走るクルマの走行性能も向上させます。

 こうした、さまざまな技術を持ち合わせている日産の知見と、今までの月面ローバの研究で得られたJAXAの知見をお互いに共有し、宇宙探査の技術に加え、地上を走るクルマの両面の進化をめざしています。

 ちなみに、月面ローバの試作機の日産ロゴは現行ノートの流用です。

 この共同研究について、JAXA 宇宙探査イノベーションハブの船木一幸ハブ長は、以下のように述べています。

「JAXAは、将来的に研究成果を宇宙探査へ応用することを目的としつつ、 地上での事業化/イノベーション創出の実現性や可能性がある課題に企業や大学・研究機関の方々と共同で取り組んでいます。

 さまざまな電動駆動技術ノウハウを持つ日産と共に研究をおこなうことで、より高性能な月面ローバの開発に応用できることを期待しています」

 また、日産でe-4ORCEの制御開発を担当している、先行車両開発部部長の中島敏行氏は次のように語りました。

「月面という環境を想定したローバの共同研究に参加できることを非常にうれしく思っています。

 自動車の用途や走行シーンはさまざまであり、私たちが目指す究極の走行性能の研究開発を進めるにあたり、JAXAとの本共同研究で得られるノウハウは、地上における自動車のイノベーションにもつながると考えています」

※ ※ ※

 月面ローバにも搭載されているアリアのe-4ORCEモデルは、前後に2基の電気モーターを搭載。

 それぞれトルクを個別にコントロールすることが可能で、加速時や減速時、ブレーキ時など車体の揺れを抑える制御をおこないます。

 またコーナリング時は前後のモータートルクに加え、4輪のブレーキの協調制御をおこない、なめらかで心地よいハンドリングを実現。

 こうした最新技術が搭載されているアリアのe-4ORCEモデルは2022年夏以降の発売が予定されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください