1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

赤灯&サイレンで「道を空けてください!」 高速道路で緊急車両にどう対応? 停車&徐行など適切な対応とは

くるまのニュース / 2022年1月7日 14時10分

一般道路では緊急車両が接近した際に左側に寄せると習いますが、高速道路ではどのような対応が求められるのでしょうか。

■緊急車両に進路を譲るのは義務!高速道路ではどう対応する?

 救急車やパトカーといった緊急車両が後方から近づいてきた場合、すみやかに進路を譲る義務があります。
 
 一般道路の場合は、左側に車両を寄せて停車して進路を譲りますが、高速道路の場合ではどのように対応したら良いのでしょうか。

 道路を走行していると、救急車やパトカーといった緊急車両が赤い警告灯を点灯させ、サイレンを鳴らしながら、後方から迫ってくることがあります。

 緊急車両は「優先通行権」をもっており、緊急の用務のために出動しているときは、道路交通法の一部が免除され、一般の車両よりも比較的スムーズに走行できるようになっています。
 
 例えば、赤信号の交差点に侵入したり、反対車線にはみ出したり、一時停止や通行禁止区分なども一時的に免除となります。

 そして、このように緊急車両が優先通行権を行使して走行しているときは、一般車両の運転者は進路をすみやかに譲らなくてはいけません。

 これは、道路交通法第40条「緊急自動車の優先」として定められており、条文には「交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両は交差点を避け、かつ、道路の左側に寄つて一時停止しなければならない」とされています。

 つまり、どこにでも避けたら良いというわけではなく、線路や交差点などの危険な場所は避けつつ、道路の左側にクルマを停車させる必要があるということです。

 実際に道路を走行していると緊急車両に遭遇することは珍しくありませんが、基本的にはほとんどのクルマがこの決まりに則って、緊急車両に協力している様子が見られます。

 そんな緊急車両ですが、走行するのは一般道路だけとは限らず、必要に応じて高速道路を走行することもあります。

 例えば、高速道路上で交通事故が起きた場合には、パトカー、救急車、場合によっては消防車も走行する可能性があるでしょう。

 前述のように、一般道路では道路の左側に寄ってクルマを停車させますが、高速道路では複数車線かつ速度域も高いため、無理に左車線へ移ろうとしたり、停車させたりすると後ろから衝突される可能性もあり、非常に危険です。

 では、高速道路ではどのように進路を譲ったら良いのでしょうか。

 JAFは、進路の譲り方について、「走行車線走行時は、安全を確保してそのまま走行」「追い越し車線走行時は走行車線に戻る」と、2パターンを説明しています。

 緊急車両には、一般道路では80km/h、高速道路では100km/hの速度制限があるため、高速道路では一般車両と同等の速度で走行していることになります。

 よって、一般車両は無理に路肩へ避けたり、停車したりする必要はなく、そのまま走行していれば進路妨害になることはありません。

 ただ、緊急車両は、高速道路の最高速度と同等の100km/hまで加速できるため、基本的には追い越し車線を走行していると想定されます。

 そのため、追い越し車線を走行している一般車両は走行車線に移っておいたほうが良いでしょう。
 
 また、首都圏の警察署の交通課の担当者は高速道路での対応について、以下のように話します。

「無理な進路変更や停車は絶対におこなわないようにしてください。

 安全を確認したうえで、可能な範囲で進路を譲るようにしてください」
 
 追い越し車線から走行車線へ車線変更する際には、周囲のクルマの状況をしっかりと確認し、焦らず走行するようにしましょう。

※ ※ ※

 もし、緊急車両に進路を譲らなかった場合「緊急車妨害等違反」となり、反則金6000円(普通車)、違反点数1点となります。

 緊急車両が赤灯を点灯させ走行しているときは、人の命が関わっていることもあります。

 サイレンや赤灯が確認できたら緊急車両の位置を確認し、すみやかに進路を譲れるようにあらかじめ準備しておきましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください