1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ホンダ最後の「NSX」生産開始! 歴代最速仕様「タイプS」は何がスゴいのか 限定350台を米で生産へ

くるまのニュース / 2022年1月24日 17時10分

2022年1月21日に米国ホンダは、2代目「NSX」として最後となるアキュラ「NSX Type S」の生産を開始したことを発表しました。

■ホンダ新型「NSXタイプS」 最終モデルを生産開始

 ホンダの米国法人(米国ホンダ/米国アキュラ)は、同市場に投入する2代目「NSX」として最後となるアキュラ「NSX Type S」の生産を開始したことを2022年1月21日(現地時間)に発表しました。

 NSXタイプSは、2022年内での生産終了が2021年8月に明らかにされており、総生産台数は世界限定350台です。

 ホンダの高級ブランドとなるアキュラは、2021年8月に開催された「モンテレー・カー・ウィーク」でNSXタイプSを世界初公開しています。
 
 ベースとなる2代目NSXは2016年に米国で発売。初代から継承し続けてきた「人間中心のスーパースポーツ」というコンセプトで開発されました。

 2022年末で生産終了が明らかになっている2代目NSXの最終のNSXタイプSは、今までのNSXを超えることを目指し、パフォーマンスとデザインを追求して開発さています。

 NSXタイプSは、フロントロアスポイラー、サイドシル、リアデッキリッドスポイラー、ディフューザーなどにカーボンファイバーを採用。カーボンルーフを標準装備することでデザイン性だけでなく、車体上部の軽量化による低重心化も実現しました。

 さらに、グロスバーリナブラックのサイドミラー、ドアハンドル、ダークエグゾーストフィニッシャー、そしてアキュラバッジをフロント/リアに標準装備。

 カーボンエンジンカバーの下には、アキュラ史上もっともパワフルな3.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンと3モーターのSPORT HYBRID SH-AWDの改良版を搭載します。

 改良部分は、燃料噴射装置(流量が25%増加)、インタークーラー(放熱量が15%増加)、「NSX GT3 Evo」と共通のターボチャージャー(ピークブースト圧が15.2psi.から16.1psi.へと5.6%増加)などに及びます。

 さらに、モーターに電力を供給するIPU(Intelligent Power Unit)をより効率的に使用することで、バッテリー使用可能容量が20%、出力が10%向上。最高システム総合出力600hpと最大トルク492lb.ftを発揮します。

 また、9速デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)もチューニングが施され、さらなる性能向上が図られました。

※ ※ ※

 2代目NSXとして最後となるNSXタイプSの生産は、米国ホンダのパフォーマンスマニュファクチャリングセンター(PMC)にておこなわれ、ゴッサムグレーのマットメタリックの2台が生産されました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください