1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

「えっ…!」クルマに「ウッドデッキ」付いてる!? 3名寝られる「車中泊ベッド」も搭載? もはや「高級ホテルいらず」な新型「クルーキャブテラス」とは

くるまのニュース / 2023年11月11日 16時10分

ホワイトハウス・キャンピングカー事業部は、第1回「ジャパンモビリティショー2023」にウッドデッキを後部に備えたキャンピングカー「クルーキャブテラス」を出展しました。車体の後部にウッドデッキを拡張できるインパクト大な仕様です。

■贅沢過ぎ! 新型「走る高級ホテル」登場

 2023年10月28日から11月5日まで開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」では、自動車メーカーのコンセプトカーや新型車だけではなく、様々なキャンピングカーも出展されました。
 
 なかでも、ウッドデッキを後部に備えたキャンピングカー「クルーキャブテラス」が公開され、来場者の注目を集めていました。

 これまでの「東京モーターショー」に代わり開催されたJMS2023では、新たに「キャンピングカーエリア」が設置されました。

 日本RV協会(JRVA)とのコラボによる企画で、国内の有名キャンピングカーメーカー各社が最新のモデルを出展していましたが、ホワイトハウス・キャンピングカー事業部(愛知県)が手がけたキャンピングカー「クルーキャブテラス」は、そのなかでもインパクトの強いモデルでした。

 ベース車は、2022年から正規輸入を開始した欧州製の大型バン、フィアットプロフェッショナル「デュカト」のL2H2モデル。

 ボディサイズは全長5410mm×全幅2050mm×全高2525mmで、ホイールベースは3450mmです。

 トヨタ「ハイエース」の大型モデル「スーパーロングボディ」(全長5380mm×全幅1880mm×全高2285mm)と全長自体はあまり大きく違いませんが、見るからに大きく存在感のあるボディです。

 パワートレインは最高出力180馬力、最大トルク450Nmを発揮する2.2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンで、9速オートマチックトランスミッションと組み合わされます。

 このデュカトをベースにしたクルーキャブテラスは、2023年7月に開催されたキャンピングカーイベント「東京キャンピングカーショー2023」で初公開された新型キャンピングカーです。

■デッキはスライド式! 左右両方向に展開可能

 デュカトの標準仕様が前席2席のみのところ、Snoeks社製3人掛け後席シートを追加し5名乗りとしたホワイトハウスキャンパーのオリジナルカスタム仕様「スノークス クルーキャブ」の荷室へ、さらに「テラスオプション」を装備しています。

「ジャパンモビリティショー2023」キャンピングカーエリアに出展されたホワイトハウスキャンパー「クルーキャブテラス」「ジャパンモビリティショー2023」キャンピングカーエリアに出展されたホワイトハウスキャンパー「クルーキャブテラス」

 テラスオプションは「スライド式ワイドテラス」を備えるのが最大の特徴です。

 床下から中央のファーストデッキに加え、左右どちらでも展開できるセカンドデッキの2枚のフロアデッキボードを引き出して各2本の脚で支えることで、床面を拡張することができます。

 このワイドテラスには転落防止の手すりも取り付け可能です。

 さらに、荷室に3人が就寝可能な190cm×182cmサイズの大型ベッドマットや、ベッドボード兼用のキッチン・家具キット、給水・排水タンク(各19リットル)、ポータブルコンロなどを備え、快適な車中泊を可能としています。

※ ※ ※

 ホワイトハウスキャンパー クルーキャブテラスの販売価格(消費税込み)は、ベース車(512万5000円)にクルーキャブ(199万3145円)、そしてテラスオプション(273万1855円)を組み合わせ、985万円です。

 走る豪華ホテルとして楽しめそうな、贅沢な1台として注目されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください