1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スズキ新型「スペーシア」発売! 6年ぶり全面刷新で3代目へ 斬新な快適機能を初採用! 153万円から

くるまのニュース / 2023年11月9日 11時30分

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」が3代目へとフルモデルチェンジします。どのような進化を遂げたのでしょうか。

■3代目となる新型スペーシア登場!

 スズキは2023年11月9日、軽乗用車の「スペーシア」および「スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジし、同月22日に発売します。
 
 初代スペーシアは全高が高く後席スライドドアを設けた「軽スーパーハイトワゴン」として、2013年3月に登場。室内の広さやスライドドアの利便性に加え、機能・燃費・価格のバランスの良さが好評となりました。

 2代目モデルは2017年12月に全面刷新。SUV風の「スペーシア ギア」と商用車の「スペーシア ベース」を加えてさまざまなニーズに対応できるモデルとなり、現在、スズキの国内販売トップのモデルへと成長しています。

 昨今、先進安全装備のさらなる進化やカーボンニュートラルに向けて電動化も加速するなど、クルマを取り巻く環境が変わり、いままでと同じ考え方ではより一層の進化が難しくなったとスズキはいいます。

 また、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」など、軽スーパーハイトワゴン保有台数の増加に伴い、今後は同ジャンルでの乗り換えが増えていくことが予想され、広さやスライドドアの利便性を必然と感じているユーザーに対し、新たな付加価値を盛り込んだ商品としていく必要があると考えて新型スペーシアが開発されました。

 6年ぶりのフルモデルチェンジで3代目へと進化した新型スペーシアは、デザインや快適で居心地の良い室内空間、安全機能などを進化させました。

 従来モデルから引き続き、標準仕様のスペーシアとカスタム仕様のスペーシア カスタムを設定。頑丈で大容量の“コンテナ”をモチーフとしたデザインを採用しました。

 そのうえで、新型スペーシアは、親しみやすく優しい印象のLEDヘッドランプを装着。遊び心あふれるスタイリングが特徴です。

 ボディカラーは、「ミモザイエローパールメタリック」と「トーニーブラウンメタリック」を新色として設定。さらに、2トーンルーフ仕様車のルーフ色には「ソフトベージュ」を採用しました。

 なお、リアに配されるエンブレムは、タグプレートをモチーフにしたデザインに一新され、文字部分をくり抜いたことで、ボディカラーによってその印象が変化します。

 一方の新型スペーシア カスタムは、メッキとツヤのあるブラックを組み合わせた大型フロントグリルや内部をブラック化した薄型フルLEDヘッドランプとLEDフロントシーケンシャルターンランプなどにより、上質感と存在感を表現。

 ボディカラーは、「ピュアホワイトパール」や「インディゴブルーメタリック2」をはじめとした上質感のあるカラーを用意します。

 エンブレムは、文字部分にボルドーカラーを使用し、華やかなデザインとしました。

 内装は、新型スペーシアはブラウンを基調とし、各所にマットな質感のカフェラテ色を配色。アウトドア家具のような心地良い雰囲気のグレー基調のカラーメランジシート表皮を採用しました。

 新型スペーシアカスタムはブラックを基調としながら、セミマットな質感のボルドーと光沢のあるピアノブラックの加飾により、上質で落ち着いた雰囲気です。

 スエード調起毛で仕上げたシート表皮は、見る角度によってブラックの中にボルドーが煌めくデザインを採用。ハイブリッド XS/ハイブリッド XSターボは、シートサイド部を艶のあるパイピングを施したレザー調とすることで、より上質感を高めています。

※ ※ ※

 新型スペーシア/スペーシア カスタムのインパネや前席ドアのアッパー部分は、エクステリアと同じく頑丈で大容量のコンテナを表現。助手席前のビッグオープントレーなど多彩な収納スペースを設置しました。

 スピードメーターをデジタル化するとともに、マルチインフォメーションディスプレイは4.2インチカラーTFT液晶を採用。メーター表示による視覚での案内だけでなく、音声でも注意喚起する機能を全車に標準装備します。

 また、新開発のステアリングホイールを採用し、スイッチ類を内蔵することでステアリングホイールから手を離さずに各種操作が可能。

 電動パーキングブレーキとステアリングヒーターをスズキ軽自動車で初めて採用します。

 加えて、ドライブレコーダー連動、HDMI入力対応、スズキコネクト連携機能を新たに搭載した9インチメモリーナビゲーションをメーカーオプション設定しました。

■まるでリビングみたいな後席に斬新アイテム初採用

 新型スペーシア/スペーシア カスタムは、従来モデルの特徴でもある広い室内を、より使いやすく快適な空間へと進化させています。

 乗り降りのしやすいリアステップ地上高(345mm)やスライドドア開口幅(600mm)、開口高(1250mm)に加え、持ち手部分を拡大した乗降グリップによって、後席の乗降性が向上しました。

オットマン機能を備えたリアシートオットマン機能を備えたリアシート

 さらに、後席にはスズキ初の「マルチユースフラップ」を採用。これはフラップの位置や角度を調整することで3つのモードへと展開できる斬新な機能です。

 走行中の姿勢安定をサポートする「レッグサポートモード」、荷物の落下防止をサポートする「荷物ストッパーモード」、リラックスできる「オットマンモード」といった3つのモードを設けることで、後席を快適なリビングのようにくつろげるスペースにすることが可能です。なお、オットマンモードは停車中の使用が推奨されます。

 加えて、スマートフォンやタブレットを立てかけることができるストッパーや、幼児用マグ・500mlの紙パックにも対応するドリンクホルダー、テーブル格納時も使用可能なショッピングフックを備えたパーソナルテーブルを前席背面に設置。

 静粛性を高めたスリムサーキュレーターや後席右側にUSB電源ソケット(Type-A/Type-C)を備えるなど、後席の装備を充実させました。

 荷室は、後席を前に倒して格納したときの床面がフラットになり荷室高が拡大したことで、自転車などの大きな荷物がより積み込みやすくなっています。

 パワートレインは、マイルドハイブリッドと組み合わせた自然吸気エンジン車とターボ車を設定(ターボ車はカスタムのみ)。駆動方式は2WDと4WDです。

 軽量で高効率な新CVTを搭載することで、WTLCモード燃費は軽ハイトワゴンクラストップの25.1km/L(自然吸気エンジン車)の低燃費を実現しました。

 安全機能は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」をスズキで初めて採用し、全車に標準装備しました。アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能・停止保持機能付]や車線維持支援機能を採用します。

 オンラインで開催された発表会で、スズキ株式会社 代表取締役社長 鈴木俊宏氏は次のようにコメントしました。

「軽はスズキの芸術品です。生活の足であるほか、地方においては社会インフラであり、安心・安全であると同時に、安価であるべきです。

 しかし価格だけでなく、軽はさまざまな理由で選ばれており、運転環境や道路事情によって大きなクルマからダウンサイジングする需要や、ファーストカーとして家族で乗りたいというニーズも増えています。

 スズキは多様なユーザーにとって価値があり、生活に寄り添うクルマとして新型スペーシア/スペーシアカスタムを開発しました。デザインや予防安全技術、ユーティリティ、ユニークな装備などを盛り込んでいます」

※ ※ ※

 価格(消費税込)は、新型スペーシアが153万100円から182万4900円、新型スペーシアカスタムが180万1800円から219万3400円です。

 なお、SUV風グレードのスペーシアギアの新型モデルは現在開発中とのこと。追って発売される予定です。

 また、商用バンのスペーシアベースは従来モデルが継続販売されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください