1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スズキ新型「スペーシア」ついに登場! 後席の「斬新ひみつ機能」が早くも話題!? 6年ぶり全面刷新への反響は

くるまのニュース / 2023年11月11日 18時10分

スズキが軽乗用車「スペーシア」「スペーシアカスタム」の新型を発表しました。SNSではどのような反響があるのでしょうか。

■3代目「スペーシア」登場!

 スズキは2023年11月9日、フルモデルチェンジした軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」「スペーシアカスタム」を発表しました。SNSではどのような反響が寄せられているでしょうか。

 2013年3月、初代スペーシアが登場。室内の広さやスライドドアの利便性に加え、機能・燃費・価格のバランスの良さが好評となりました。

 2017年12月、2代目に全面刷新。その後ラインナップにはSUV風の「スペーシアギア」と商用車「スペーシアベース」が加わり、以降、スズキの国内販売トップのモデルへと成長しています。

 そして6年ぶりに全面刷新して登場した今回の3代目は、デザインや、快適で居心地の良い室内空間、安全機能などを進化させました。

 引き続き、標準仕様のスペーシアとスペーシアカスタムを設定。頑丈で大容量の“コンテナ”をモチーフとしたデザインを採用しています。

 インパネや前席ドアのアッパー部分は、エクステリアと同じく頑丈で大容量のコンテナを表現。スピードメーターをデジタル化するとともに、マルチインフォメーションディスプレイは4.2インチカラーTFT液晶を採用。メーター表示による視覚での案内だけでなく、音声でも注意喚起する機能を全車に標準装備します。

 また、新開発のステアリングホイールを採用し、スイッチ類を内蔵することでステアリングホイールから手を離さずに各種操作が可能です。

 電動パーキングブレーキとステアリングヒーターをスズキ軽自動車で初めて採用。加えて、ドライブレコーダー連動、HDMI入力対応、スズキコネクト連携機能を新たに搭載した9インチメモリーナビゲーションをメーカーオプション設定しました。

 新型スペーシアシリーズは、標準仕様とスペーシアカスタムで、内外装のイメージを大きく変えています。

 標準仕様は、親しみやすく優しい印象のLEDヘッドランプを装着。遊び心あふれるスタイリングが特徴です。

 ボディカラーは、新色の「ミモザイエローパールメタリック」と「トーニーブラウンメタリック」を追加。さらに、2トーンルーフ仕様車のルーフには「ソフトベージュ」を採用しました。

 内装は、ブラウンを基調とし、各所にマットな質感のカフェラテ色を配色。アウトドア家具のような心地良い雰囲気のグレー基調のカラーメランジシート表皮を採用しました。

 一方新型スペーシアカスタムは、メッキとツヤのあるブラックを組み合わせた大型フロントグリルや、内部をブラック化した薄型フルLEDヘッドランプとLEDフロントシーケンシャルターンランプなどにより、上質感と存在感を表現。

 ボディカラーは、「ピュアホワイトパール」や「インディゴブルーメタリック2」をはじめとした上質感のあるカラーを用意します。

 内装は、ブラックを基調としながら、セミマットな質感のボルドーと光沢のあるピアノブラックの加飾により、上質で落ち着いた雰囲気です。

■後席は「くつろぎ3変化」仕様

 新型スペーシア/スペーシアカスタムは、従来モデルの特徴でもある広い室内を、より使いやすく快適な空間へと進化させています。

 乗り降りのしやすいリアステップ地上高(345mm)やスライドドア開口幅(600mm)、開口高(1250mm)に加え、持ち手部分を拡大した乗降グリップによって、後席の乗降性が向上しました。

スズキ新型「スペーシア」(3代目モデル)スズキ新型「スペーシア」(3代目モデル)

 さらに、後席にはスズキ初の「マルチユースフラップ」を採用。これはフラップの位置や角度を調整することで3つのモードへ展開できる斬新な機能です。

 走行中の姿勢安定をサポートする「レッグサポートモード」、荷物の落下防止をサポートする「荷物ストッパーモード」、リラックスできる「オットマンモード」といった3つのモードを設けることで、後席を快適なリビングのようにくつろげるスペースにすることが可能です。なお、オットマンモードは停車中の使用が推奨されます。

 荷室は、後席を前に倒して格納したときの床面がフラットになり荷室高が拡大したことで、自転車などの大きな荷物がより積み込みやすくなっています。

 パワートレインは、マイルドハイブリッドと組み合わせた自然吸気エンジン車と、カスタムのみターボ車も設定。駆動方式は2WDと4WDです。

 軽量で高効率な新CVTを搭載することで、WTLCモード燃費は軽ハイトワゴンクラストップの25.1km/L(自然吸気エンジン車)を実現しました。

 11月22日に発売。価格(消費税込)は、新型スペーシアが153万100円から182万4900円、新型スペーシアカスタムが180万1800円から219万3400円です。

 なお、SUV風グレードの新型スペーシアギアは現在開発中とのこと。また、商用バンのスペーシアベースは、従来モデルが継続販売されます。

 新型スペーシア/スペーシアカスタムについて、SNSでは「モビリティーショーで見たり乗車したりしたけど、なかなか良かったな」「後席が広いな」「売れそう」「現行モデルに乗ってて今でも十分快適だけど、新型いいなぁー」といったように好感触の様子。

 特に「オットマン付いてるのが良い」「現行モデルを所有してますが、後席のオットマンはうらやましい!」など、後席のオットマンに注目した投稿が多くありました。

 しかし一方で、「値上がりしたなぁ」「めっちゃ値上がりしてる」「高いな~。最安グレードだと付かない機能もあるからどうしたもんかな」「軽で150万円を超えてくると厳しい」など、価格設定に言及する意見も多数。

 また、「打倒N-BOXにスズキが本命を出して来た」と、同じ軽乗用車で販売台数日本一を誇るホンダの“絶対王者”「N-BOX」を意識した声も並んでいました。

 なお、「スペーシアXの話だと思ったのは内緒だ」など、東武鉄道が走らせている同名の新型特急について触れている人も複数いました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください