1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタが新型「カムリ」世界初公開! 約7年ぶりの大規模刷新で最新「ハンマーヘッド顔」に!? 新カムリは何が変わった?

くるまのニュース / 2023年11月17日 7時10分

トヨタは米国で2023年11月14日(現地時間)、新型「カムリ」を世界初公開しました。進化した点について、現行型カムリと比較しながら紹介します。

■新型「カムリ」は米国向けもハイブリッド専用モデルに

 トヨタの米国法人は2023年11月14日(現地時間)、新型「カムリ」を世界初公開しました。
 
 現行型カムリからどういった点が進化したのでしょうか。新旧モデルを比較します。

 カムリの前身となったのは、1980年1月に登場した「セリカ・カムリ」というモデルです。

 スポーティクーペ「セリカ」の4ドアセダンといった立ち位置で、駆動方式も当時のセリカと同じく後輪駆動(FR)でした。

 独立した車名を持つカムリは、1982年3月に登場しました。

 前年の東京モーターショーに展示された前輪駆動(FF)レイアウトの5ドアハッチバック「F120」の市販版ですが、5ドアハッチバックは日本市場には投入されず、国内の兄弟車「ビスタ」のみに設定され、セダンのみのラインナップとしてデビューしています。

 当初よりグローバル市場を見据えた開発が行われており、その後も国内と海外向けでそれぞれ異なる進化をしながら歴史を重ねてきました。

 6代目(当初は「カムリ グラシア」で登場しマイナーチェンジでカムリに変更)以降は、国内仕様も海外向けカムリと共通化され、3ナンバーの余裕あるボディサイズとなっています。

 国内向けの初代から数えて10代目となる現行型カムリは、2017年に登場しました。

 この時点でカムリは世界10か所の工場で生産され、100以上の国や地域で販売されるグローバルモデルへと成長し、2016年12月時点の累計販売台数は1800万台以上を記録しています。

 フルモデルチェンジに際し、トヨタの新たなクルマづくりの指標である「TNGA」の思想を全面に取り入れ、エンジン・プラットフォームに至るまで全てを一新させるなど、力の入った刷新を図っています。

 現行型カムリのパワートレインは、日本仕様では2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせ、システム最高出力211ps(155kW)のシリーズパラレル式ハイブリッドモデルのみを設定します。

 これに対し北米向けでは、ハイブリッドモデルに加え、ベーシックな2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジン車や、最高出力301hpを発揮する3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンモデルもラインナップされ、選択肢の多さを誇りました。

 そして今回、米国で世界初公開された新型カムリは、およそ7年ぶりの刷新となります。

 米国においては21年連続で乗用車販売台数No.1を獲得し、引き続き最重要モデルであるカムリだけに、新型では米国主導で開発が行われ、全車がハイブリッド化されたのが大きな進化ポイントです。

 ハイブリッドモデルの2.5リッター+モーターという基本構成は共通ですが、システムを刷新したほか、全モデルで後輪のモーター駆動を行う電子制御AWD(四輪駆動:E-Four)が選択可能となっています。

 第5世代となる最新ハイブリッドシステムは、軽量かつコンパクトなモーターを搭載し、システム最高出力は現行型に対し30馬力アップの232hp(AWD)を発揮します。

 プラットフォームに関する情報は公開されていませんが、トヨタ米国法人は「再設計されたサスペンションとブレーキシステムにより、バランスの取れたハンドリングと快適性を実現」と発表しており、現行型カムリのTNGA GA-Kプラットフォームを改良したものとみられます。

■フロントデザインは「キールック」から「ハンマーヘッド」に進化

 外観デザインも新旧で進化しています。
 
 現行型カムリが好調な販売成績だったこともあってか、基本的なフォルム自体に大きな変化は見られないものの、主にボディ前後デザインのイメージが変化を遂げています。

よりスポーティに進化した新型「カムリ」[上は新型「カムリ」(2025年モデル)/下は「カムリ」2024年モデル(共に米国仕様車)]よりスポーティに進化した新型「カムリ」[上は新型「カムリ」(2025年モデル)/下は「カムリ」2024年モデル(共に米国仕様車)]

 現行型カムリでは、2017年の発表当時にトヨタの最新デザイン思想であった「キーンルック」をさらに進化させたフロントデザインを採用し、スリムなライトまわりやアッパーグリルと、立体的な大型ロアグリルという大胆な組み合わせにより、低重心でワイドなスタイルを強調させました。

 現行型カムリのボディサイズは、全長4885-4910mm×全幅1840mm×全高1445mm、ホイールベース2825mm(日本仕様/FFモデル)です。

 これに対し今回発表された新型カムリは、米国のトヨタデザインスタジオCALTY(キャルティ)がデザインを担当。

 2022年発表の5代目プリウス以降、最新トヨタ車に相次いで採用される「ハンマーヘッド」をモチーフとしたフロントデザインを新採用し、ハイブリッド専用モデルに進化した新型カムリの先進性の高さとスポーティさを強調します。

 またスポーツグレードでは、よりスポーティなスタイルのエアロパーツをボディ各部に追加するほか、専用のフロントロアグリルデザインを与え、個性を強調します。

 なお現時点で新型カムリのボディ寸法などのスペックは非公表ですが、トヨタ米国法人からサイズアップに関する発表が行われなかったことに加え、基本のプラットフォームを現行型から継承していたとすれば、大きな変化はないものと予想されます。

 新型カムリでは、内装も全面的にイメージを変えています。

 現行型では8インチ(後期モデルでは9インチ)だったセンターディスプレイも、新型カムリでは最大で12.3インチに拡大。

 音声認識機能も含むコネクティッド機能がより充実し、スマートフォンとの連携も強化されました。

 メーターまわりも、ベースグレードで7インチ、上位グレードで12.3インチのデジタルメーターが備わるほか、10インチのヘッドアップディスプレイも設定されます。

 シートもクッションの形状や密度を変更するなどし、快適性を向上させました。

 米国向け新型カムリ(2025年モデル)は、2024年春に各販売店への納車を開始する予定で、米国での販売価格などについては現時点で発表されていません。

※ ※ ※

 国内向けの現行型カムリは、2023年4月に公式サイト上で現行モデルを年内に生産終了すると発表しています。

 現段階で新型カムリの国内販売に関する発表はなく、40年以上続いた歴史が2023年中に終わってしまうかもしれません。

 グローバルで刷新した新型が国内にも再投入される日が来るのか、今後の展開が引き続き注目されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください