1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

「岐阜‐福井」4.8km無料トンネル19日開通! 2県を最短でつなぐ新ルート「冠山峠道路」とは

くるまのニュース / 2023年11月17日 15時10分

岐阜県と福井県を結ぶ国道417号「冠山峠道路」が、2023年11月19日に開通します。

■峠越えの冬期通行止めが解消

 岐阜と福井を最短距離で結ぶ国道417号「冠山峠道路」が、2023年11月19日17時に開通します。

 国道417号は岐阜県大垣市を起点とし、福井県南越前町に至る延長約150kmの道路です。

 大垣市を出ると池田町を経て揖斐川沿いを北上し、上流の揖斐川町では日本一の貯水量を誇る徳山ダム(徳山湖)の横を通ります。福井県側は池田町・越前市・鯖江市・越前町を経由します。

 このうち岐阜・福井の両県にまたがる冠山峠付近は、現在、国道が途切れています。

 クルマで峠を越えるには、幅が狭く急勾配と急カーブが20km近く続く林道を走る必要がありますが、悪天候時は通れず、冬期通行止めも年間200日近くに上るといった課題があります。

 冠山峠道路は、この区間をショートカットする延長7.8kmの新しい道です。標高1256.6mの冠山の直下を長さ4834mの冠山トンネルで一気に通過し、国道の断絶区間をつなぎます。

 道路は幅員7m、2車線、設計速度50km/hで整備されます。通行料は不要です。

 岐阜県から福井県へ向かう主な道路は、これまで名神+北陸道と、東海北陸道+中部縦貫道(国道158号)の2ルートでしたが、今回、この冠山峠道路が“第3のルート”かつ最短距離のルートとして加わります。

 国道417号の揖斐川町と池田町にまたがる区間には「クラウンロード」という愛称が付けられ、豊かな自然や観光を楽しめるドライブルートとして今後PRされます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください