1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

全長5m超え! トヨタ新型「“超凄い”ランクル」実車展示! 斬新「ゴツ顔」+ワイドボディの「Se」名古屋でお披露目

くるまのニュース / 2023年11月26日 13時10分

トヨタは「名古屋モビリティショー2023」に、「ランドクルーザーSe」を出展します。ランドクルーザーシリーズの新たな魅力を拡大させるためのコンセプトモデルです。

■ランクルシリーズの新たな魅力を拡大する「ランドクルーザーSe」

 トヨタは、2023年11月23日から11月26日までの4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催される「名古屋モビリティショー2023」に、ランドクルーザーシリーズのコンセプトモデル「ランドクルーザーSe」を出展します。
 
 これまでのランドクルーザーシリーズとは異なる新たな魅力を追求したモデルだといいますが、どのようなコンセプトなのでしょうか。

 名古屋モビリティショー2023は、10月28日から11月5日まで、従来の東京モーターショーに代わり初めて開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023」終了後、名古屋に会場を移して開催される国内最初の地方ショーです。

 トヨタブースのコンセプトは「クルマの未来を変えていこう-Find Your Future」で、このテーマに合わせたコンセプトカーや展示などが行われます。

 そんな出展車両の1台がランドクルーザーSeです。

 スタイリングは、スタイリッシュかつ上質な雰囲気が特徴で、ボディサイズは全長5150mm×全幅1990mm×全高1705mm、ホイールベース3050mmと、大柄な車体を持ちます。

 他のランドクルーザーシリーズがフルフレーム構造を持ったモデルなのに対し、ランドクルーザーSeは通常の乗用車と同様のモノコック構造を採用し、パワートレインはBEV(バッテリーEV)です。

 トヨタによると、意のままに操るハンドリングとラフロード(荒れた道)を安心して滑走できる走破性を追求したといいます。

 また世界の多様なニーズに対応した3列シートレイアウト・7人乗りとし、ランドクルーザーブランドの新たな魅力を拡大するものとしています。

※ ※ ※

 これまで「名古屋モーターショー」として開催されていたイベントが、今回4年ぶりの再開にあわせ名古屋モビリティショー2023に名称を変更しています。

 ジャパンモビリティショー2023に出展された国内外の四輪・二輪車メーカーのコンセプトカーや最新市販車に加えて次世代モビリティに関する展示のほか、各種試乗会などの体験型催事など各種イベントが行われます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください