1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ダイハツが新型「“斬新”軽トラック」実車展示! めちゃカッコいい「将来の軽商用車像」名古屋で公開

くるまのニュース / 2023年11月29日 6時40分

ダイハツは「名古屋モビリティショー2023」に未来の軽商用車を提案するコンセプトモデル「UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)」を出展しました。斬新な内外装デザインについて紹介します。

■未来的だけど現実味もある新型「軽トラック」!

 ダイハツは、2023年11月23日から11月26日までの4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催される「名古屋モビリティショー2023」に、新型コンセプトカー「UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)」を出展しました。
 
 未来の軽商用車を提案するモデルだといいますが、どのようなコンセプトなのでしょうか。

 10月28日から11月5日まで、従来の東京モーターショーに代わり初めて開催された第1回「ジャパンモビリティショー2023」終了後、名古屋に会場を移して開催される国内最初の地方ショーが名古屋モビリティショー2023です。

 ダイハツでは、創業以来持ち続けてきた「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにする」というビジョンに込められた思いを出展テーマに据え、未来のモビリティ社会における人や暮らしに寄り添う姿をカタチにしたコンセプトカーや展示などに反映しました。

 そんな出展車両のなかの1台が、ユニフォーム トラックです。

 ダイハツはユニフォーム トラックについて「使いやすさなど働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車」と説明します。

 ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1885mm、ホイールベース1900mm。

 機能性を重視し、極めてシンプルにデザインされたスタイリングや内装が特徴で、未来のクルマとしながら現実味もある仕上がりとなっています。

 フラットで凹凸の少ないキャビン部は、使いやすさに加え清掃のしやすさにも配慮が加えられました。

 パワートレインにモーターとバッテリーを搭載するBEV(バッテリーEV:電気自動車)で、荷台には「Nibako」と呼ばれる未来のカーゴシステムが搭載されます。

 車載バッテリーから電力を取り出す外部給電機能も備わることから、移動店舗などで活用が可能です。

※ ※ ※

 これまで「名古屋モーターショー」として開催されていたイベントが、今回4年ぶりの再開にあわせ名古屋モビリティショー2023に名称を変更しています。

 ジャパンモビリティショー2023に出展された国内外の四輪・二輪車メーカーのコンセプトカーや最新市販車に加えて次世代モビリティに関する展示のほか、各種試乗会などの体験型催事など各種イベントが行われます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください