1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

新駐日ロシア大使にノズドレフ氏 人事を内定、対話の再開模索

共同通信 / 2023年11月4日 6時0分

新駐日大使に内定したロシア外務省のニコライ・ノズドレフ氏(ロシア外務省のHPから)

 ロシア政府が次期駐日大使に、同国外務省で日本を担当するアジア第3局長のニコライ・ノズドレフ氏(52)を充てる人事を内定し、日本政府に同意(アグレマン)を求めていることが3日分かった。日本側が同意を出せば年内にも東京に着任する可能性がある。日ロ外交筋が明らかにした。

 日本政府は先月の閣議で、2015年から約8年間在任した上月豊久大使に代わる新たな駐ロシア大使に武藤顕前外務省研修所長を起用する人事を決定した。武藤氏は来月中にモスクワに赴任する予定。双方が新大使をほぼ同時期に着任させることになり、ウクライナ侵攻を巡って停滞する日ロ間の外交対話再開が模索されるとみられる。

 ただロシアは昨年2月のウクライナ侵攻を非難し対ロ制裁を科した日本を「非友好国」に指定し、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の中断を表明。岸田文雄首相や閣僚、国会議員らの入国を禁止した。

 日本はプーチン大統領やラブロフ外相らの資産を凍結するなどし、両国関係は第2次大戦後の国交回復以来、最悪といわれるまでに悪化している。(共同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください