1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

パラ競技で日韓中学生が交流 平昌五輪会場、障害の理解促進

共同通信 / 2023年11月12日 18時44分

パラアイスホッケーを体験する日韓の生徒ら=12日、韓国・江陵(共同)

 【江陵共同】2018年に平昌冬季五輪・パラリンピックが開催された韓国東部の江陵で11~12日、日韓の中学生らがパラアイスホッケーの体験を通じて交流する行事が開かれた。五輪の「レガシー(遺産)」継承を図る財団が主催し、ソウル日本人学校の生徒と地元小中学生が参加。氷上でぶつかり合いながら、障害者スポーツへの理解を深めた。

 平昌大会で銅メダルを獲得した元代表の韓敏洙さん(53)らが講師を務め、同大会で使われた会場でスティックの使い方やドリブルを伝授した。練習後の「日韓戦」で、生徒らは空振りや転倒に笑顔も見せつつ、熱のこもったプレーにはスティックで氷をたたいて称賛し合った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください