1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ガラスの靴クリスマス特別展示へ 新幹線広告でシンボルに

共同通信 / 2023年11月25日 23時14分

JR東海の「シンデレラ・エクスプレス」キャンペーンで、第1弾のポスター用に作られたガラスの靴=名古屋市の「リニア・鉄道館」

 日曜夜の東京駅、東海道新幹線「ひかり」の新大阪行き最終列車の前で恋人同士が別れを惜しむ―。そんなテレビCMが印象的だったJR東海の「シンデレラ・エクスプレス」キャンペーンで、第1弾のポスター用に作られ、シンボルとなったガラスの靴が今も同社の展示施設「リニア・鉄道館」(名古屋市)に保管されている。今年のクリスマスの時期に合わせ、特別展示される予定だ。

 シンデレラ・エクスプレスのCMは国鉄民営化直後の1987年に「新幹線と言えばJR東海」という企業イメージを浸透させる目的で制作された。松任谷由実さんの同名の曲をバックに、切ない演出が人気を集めた。

 リニア・鉄道館によると、ガラスの靴のサイズは21.5センチ。キャンペーン終了後、企画を担当した社員が保管し、2014年の東海道新幹線運転開始50周年の特別展に合わせて寄贈した。

 CMに登場する車両は、東海道新幹線の2代目として1985年にデビューした100系だ。とがった鼻と細い目が特徴で「団子鼻」の初代0系からの「世代交代」を印象付けた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください