1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

東京円、146円台半ば 日米の金利差縮小を意識、円買い

共同通信 / 2023年12月4日 10時27分

日銀本店

 週明け4日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=146円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前週末比1円79銭円高ドル安の1ドル=146円49~52銭。ユーロは2円31銭円高ユーロ安の1ユーロ=159円23~33銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ停止観測が強まり、日米金利差の縮小を意識した円買いドル売りの動きが進んだ。

 市場では「今年は投機的な円売り傾向が強かったため、年末の休暇に向け、持ち高調整の円買いが出ている」(外為ブローカー)との声があった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください