ぼうこうがんを労災認定、徳島 化学工場元従業員

共同通信 / 2018年8月21日 19時50分

 化学メーカー新日本理化(大阪市)の徳島市の工場に勤務した元従業員の男性(70)が、化学物質「オルト―トルイジン」の製造作業を担当し、ぼうこうがんを発症したとして、徳島労働基準監督署が労災認定したことが21日、関係者への取材で分かった。

 オルト―トルイジンは、ぼうこうがんを引き起こすと指摘されている。

 新日本理化によると、1992年から2002年に徳島市の工場でオルト―トルイジンを製造し、従業員計58人が作業に当たったとしていた。

 男性は16年2月ごろ、ぼうこうがんと判明。同年4月に摘出手術を受け、その後労災申請した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング