警察庁、セクハラで公務災害認定 40代女性警視が訴え出る

共同通信 / 2018年9月24日 15時20分

 警察庁の40代の女性警視が元同僚の男性警視からセクハラを受けて抑うつ状態になるなどしたとし、同庁が公務災害に認定していたことが24日、分かった。女性警視は男性警視が「ちゃん」付けで呼んだり、酒席などで卑猥な言動を繰り返したりしたなどと訴え出たという。

 警察庁は、2015年2月に女性警視に対するセクハラがあったと認定。女性警視は同年3月以降、抑うつ状態などと診断され、この原因もセクハラによるものとして17年3月に公務災害と認めた。

 女性警視は今年春ごろ、精神的苦痛を受けたなどとして男性警視に損害賠償を求めて東京地裁に提訴し、審理が続いている。

共同通信

トピックスRSS

ランキング